>  > 「エボラテロでパニックに」外交官が語る2015年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 2014年は、中東やアフリカで激しい混乱が続いた。シリアや南北スーダン、ソマリアでの内戦、リビアやイエメンの無秩序状態、ナイジェリアではイスラム原理主義勢力のボコ・ハラムがテロ活動を続け、シリアとイラクにまたがる地域ではイスラム国が国家樹立を宣言した。それらに加えて西アフリカでは、エボラ出血熱が猛威を振るい、年末に至っても収束する目処が立たない。今年も残すところわずかだが、2015年のこの地域はどうなるのだろうか。旧知の外交官の予想を聞いた。

ebola2015.jpg
画像は「Wikipedia」より


■外交官が危惧する“悪夢のシナリオ”

「2011年のアラブの春以来、中東全域で混乱が続いています。シリアやリビアなど、かつては強権的な政権に支配され、その分治安の良かった諸国も、今では完全な内戦状態です。エジプトやチュニジアは、何とか安定を回復しようとする過程にありますが、イラク、シリア、リビア、それに南北スーダンやイエメンなどの状況が好転する兆しは見えません。来年も混乱状態が続くでしょう。それに加えて、西アフリカのエボラ出血熱の流行が、新たな脅威を生み出す恐れがあります」

 この外交官が危惧する戦慄のシナリオとは、イスラム国がエボラ・ウィルスをテロ攻撃に使用することだという。

「すでに一部では指摘されていますが、世界の諜報機関は、これを真剣な脅威として受け止めています。イスラム国がマリやシエラレオネといったエボラ流行国にひそかにテロ要員を送り込み、エボラ出血熱に“わざと”感染させることは、それほど難しいとは思えません。

 イスラム国の勢力圏であるシリアからトルコへは、簡単に密入国できます。イスタンブールからは、アフリカの各地に直行便が出ていますし、偽造旅券は専門の業者から購入できるでしょうから、入国自体はそれほど難しいことではないのです。たとえ飛行機を使わなくても、西アフリカのマリへは、リビアやアルジェリアといったイスラム国シンパのいる国から、砂漠の密入国ルート経由で入国することもでき、隣接するアフリカ諸国との国境管理もかなりずさんです。

 一旦入国すれば、イスラム国メンバーの医師がアラブ人ボランティアであると偽って患者と接触することも可能でしょう。あとは同行したテロ要員を感染させ、わずかに症状が出始めた頃、人間生物兵器として標的の空港に送り出すだけです。要は、イスラム国がその気になりさえすれば、この作戦はかなりの確率で実行可能なのです」

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。