• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
41B2HCZEFPL.jpg
画像は、『東京オリンピック [DVD]』/市川崑/東宝。高度経済成長の中での開催だった

 テレビでは様々なスポーツ競技が放送されている。これらの番組を観るのは民放なら完全にタダだが、放送局自体はタダで放映権を得ているわけではない。俗にいう“放映権料”を各スポーツ競技の主催者や競技団体に支払っているのだ。あまり表に出てこないが放送局はどの程度のお金を支払っているのか。業界関係者に取材をおこなった。

 まずは最も身近なプロ野球の試合から。

「プロ野球は巨人の場合は1試合5,000万円程度です。他はセ・リーグならば1,000万円~3,000万円程度ですし、パ・リーグならば100万円~800万円程度なので、ズバ抜けた高さです。しかし、プロ野球の放映権料はこれでも安くなりました。以前は巨人なら1試合1億円が当たり前でした。ただ、これはあくまでも“売値”であって、“買ってくれれば入るお金”です。地上波は中継を敬遠しているので、もはや絵に描いた餅です。ラジオ中継もありますが、微々たるものです」(スポーツ番組関係者)

 たしかに巨人は高いものの、放送局が放送しないのでは一銭たりともお金は入らない。野球人気が下がり、各球団は厳しい経営をおこなっているようだ。この関係者によれば、日本シリーズの場合には1試合1億円~1億5000万円ほどとなるが、どこの局も仕方なく購入しているのが実情だという。


 そんな野球とは逆に、人気が高いサッカーはどうか。

「Jリーグの場合には1試合あたり200万円~300万円ほどです。CS放送局が専門チャンネルを持つなど、ほぼ全試合が放送されますので、野球よりはマシという印象です」(同・スポーツ番組関係者)

 では、圧倒的な人気を誇る日本代表戦は――

「代表戦は視聴率も期待できますので最低でも5億円ほどです。この金額は今後の活躍で上がっていくことも予想されます」(同・スポーツ番組関係者)

 さすがの数字だが、この関係者によれば女子サッカーの放映権料もアップしているという。

「なでしこはワールドカップ制覇以降、大幅に上がっています。ただし、なでしこリーグは1試合50万円~80万円ほどです。ワールドカップ以前は放送されないことがほとんどでしたから、金額は安いのですが、人気が出て放映権料も上がっているジャンルと言えます」(同・スポーツ番組関係者)

 プロ野球に比べれば、サッカーは人気に後押しされて放映権料で潤っているようだが、海外のリーグの場合には数千億単位の放映権料を得ているケースもあるのという。Jリーグやなでしこリーグも頑張ってほしいものだ。

 海外といえば、国際大会にも放映権料は発生する。4年に一度のスポーツの祭典であるオリンピックはどうなっているのだろうか。

「オリンピックの場合にはNHKと民放が合同で放映権を買って各局がそれぞれ試合を中継する形なので、放映権料も全体で払っています。今後で言えば、2018年冬季五輪の平昌(韓国)と2020年夏季五輪の東京が合わせて660億円です。その先の2022年冬季五輪と2024年夏季五輪は合わせて440億円です」(広告代理店関係者)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。