>  > 第三次世界大戦は起きる? 11人の専門家が検証!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

テロ

,

丸山佑介

,

第三次世界大戦

daisanjisekaitaisen.jpg
画像は、『第三次世界大戦は本当に起きるのか』(綜合図書)

 中国の海洋進出と周辺国との軋轢、ウクライナ危機、EUの不安定化、イスラム国の台頭、ホームグロウン・テロリスト(単独で居住国で感化、過激化して反社会的活動を実行する)、北朝鮮の核問題など、世界はリスクにあふれている。戦争を知らない日本人にとって、各国の複雑な背景や、絡み合った思惑を読み解くことは難しい。

 そこで、各エリアの現状やリスクなど直面している問題を注目のジャーナリストや研究者たちはどう見ているのかをまとめたのが『第三次世界大戦は本当に起きるのか?』(綜合図書)だ。タイトルこそ煽っているかのような挑戦的なものではあるが、中野剛志、黒井文太郎、小西克哉、福島香織、常岡浩介、廣瀬陽子、高英起、伊勢崎賢治、渡邉啓貴、高口康太、加藤朗(敬称略)といった、第一線で活躍しているにスペシャリストたちが「第三次世界大戦勃発の可能性や、戦争の火種となりうるリスクとは何か」について見解を述べている。
  
 では実際のところ「第三次世界大戦」は起きるのか? 本書の責任編集者に「日本人として知るべき事実と第三次世界大戦」について寄稿してもらった。


【編集者 丸山佑介氏寄稿文】

■現代版の戦争をイメージできない日本人

 まず、終戦後70年が経過しようとしている日本では、直接戦争を経験した人はすでに少数になっている。だからというわけではないが、誤解を恐れずにいわせてもらえれば、この「戦争経験」というものが、国際ニュースを見るうえでも、日本の平和を考えるうえでも具体性を欠かせてしまうのだ。

第三次……』に登場した研究者たちの意見では、日本人が平和ボケしているというよりも、世界標準の軍事の常識を知らなかったり、極端に戦争情報の摂取を制限している者が多いことに対して、懸念する声が多かった。

 日本をとりまく現状には、「戦争に発展するのではないか?」と懸念される問題がいくつかある。尖閣諸島を巡って関係が悪化した中国との小競り合い、北朝鮮の核開発、韓国と北朝鮮の軋轢(現在は休戦中)、アメリカとの同盟関係であるがゆえの集団的自衛権の行使……。たしかにどれも解決したり対処しなければならない問題ではある。だが、戦争へと発展となったときに日本人がイメージするのは、絨毯爆撃、消耗戦、ゲリラ戦、集団自決、徴兵制といったものが多く、日本国民の大半が太平洋戦争で敗北する前の物資不足で袋の鼠状態を思い浮かべてしまう。圧倒的な“敗戦のイメージ”がいまだに拭いされていない。

 実は、どこの国でも民族でも直近に経験した戦争をイメージしてしまうのだ。そのため日本では現代の戦争をイメージすることが難しくなっている。

※次ページ 現代の戦争の実態

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年9月10日 17:37 | 返信

まあ、起きてみないと分からないよね。

2:匿名2015年1月 3日 11:43 | 返信

わかりやすい
・・・

1:ほぼ答え2014年12月31日 21:36 | 返信

ヒント。第三次世界大戦は米露の直接対決ではない。そこまで両者とも愚かではない。しかし、世界大戦規模なら米露の対立でないはずがない。つまり、明らかに代理戦争でする。
現職の米大統領と国連事務総長は外道連中が何をしようが、最低限の行動しかしない「事なかれ主義」を通すので、世界大戦にまではならない。つまり、西暦2017年からの新人両者からが可能性として挙がってくる。特に次期米大統領は共和党からでないと議会との対立は解消できない。また、次期国連事務総長はヨーロッパ選出なので代理戦争へと誘導する。(ちなみに、これを見越しtれの消費税延期期限なのである。)
では、代理戦争はどことどことでか?朝鮮半島に両者が死守するだけの利点は全く無い。この情報化時代における現代以降は「盲信思想が無い地域に関しては」明確な利益が必要である。つまり、盲信宗教においてでしか、絶滅戦争なんてありえないのが現代以降なのである。
ならば、アメリカがスンナ派イスラムを死守するであろうか?死守するのはイスラエルだけである。したがって、イスラエルvsシーア派主軸での迎合イスラム過激&引き込まれバックアップ大国動員となる。
では、中露がどれだけイランに肩入れするか?中国共産党のトップ陣が誰であれどうあれ、現職プーチンはそこまで愚かではない。つまり、プーチンが失権した場合からの可能性となる。どういう状況でならプーチンが堕ちるか?不満からの革命しかない。明らかにロシア軍がプーチンに背くほどの窮乏しかない。KGBプーチンが軍部を困らせることとは?先軍政治である以上、物資面ではありえない。つまり、軍を私的な動機で強行させるということしかない。軍が嫌がるプーチンの命令とは?アフガンなどの「侵略」ではない。そうした国家事業的ではない。そのことが起きた時に、第三次世界大戦へのきっかけが起きたことになる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。