>  >  > TVから「ドッキリ番組」が消えた原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

ドッキリ

,

吉沢ひかる

,

消えた

100687916.jpg

 年末年始、珍しくドッキリ番組が複数放送されている。

 しかしこのように、あらゆる仕掛けを作って誰かに驚きを与える“ドッキリ”は、かつてテレビ番組のひとつのジャンルとして確立していたが、今は稀に観る程度になってしまっている。なぜ“ドッキリ”は減ったのか、その理由をテレビ関係者に聞いて回った。

 まずは、放送作家が“ドッキリ”の裏側について教えてくれた。

「ドッキリ番組は本気で仕掛けるものと、そうではないものがあるんですが、以前はタレントに本気でドッキリを仕掛けるケースが多かったです。面白くて本人も許してくれて、そのまま放送できるものがたくさんありました。しかし、一方では本気でキレられてしまい、お蔵入りになったドッキリもあったのです」(放送作家)

 ドッキリに本気でキレるタレントの名前を聞いてみたが、さすがにそれは教えてもらえなかった。しかし、このようにキレるケースがあってもドッキリ番組は成立していたそうだ。

「当時は予算が潤沢だったからです。お蔵入りになるネタが幾つかあっても、放送できるネタがあれば問題なしという考え方でした。しかし今は予算がありませんから、本気で仕掛けてお蔵入りになるような真似はできません。そのため、タレント相手でさえも、本気のドッキリはできなくなったのです」(同・放送作家)

 つまりは“演出”盛りだくさんのドッキリが多くなったということだ。しかしながら、今はそれさえ難しくなっているらしい。

「今のテレビはヤラセがバレれば大問題です。そのため、倫理的に演出アリのドッキリもできなくなったのです。相手がキレないという確証があればできるので、一部の番組だけがたまに放送しているだけです」(同・放送作家)

 予算の問題とヤラセの問題によってドッキリは姿を見せなくなったというのが、この放送作家の意見のようだ。


■素人相手のドッキリ企画も消えた理由

 しかし、同じくかつて存在した一般の方々に対して仕掛けるドッキリが消えたのは、どういうワケなのか。これには番組制作会社の幹部が口を開いてくれた。

関連キーワード

コメント

2:釣本直紀2015年1月 5日 17:32 | 返信

>勇気をもってクレームを恐れずに番組を送り出すテレビマンが現れることを密かに願っている人も多いのではないだろうか。海外には日本よりも多くの規制を抱えつつも、ハイクオリティなドッキリ番組制作に挑むテレビマンが存在する。日本からもそれぐらいの気概を持った人物が出てきてもいいものだが…。

下らない意見。クレームがつくという事は視聴者を不快にさせているという事。作られなく成るのは当然だ。
勇気とか気概とかいう言葉を、自分の娯楽番組見たさに都合良く使っている。
現在はYuotubeで個人が番組を発表できる次第だ。勇気と気概を発揮して、自分でドッキリ番組を制作しクレームを引き受けたらどうか。


>1 年始にドッキリ企画、普通に放送してましたよ。

冒頭にもそれは書かれてるよ。

年末年始、珍しくドッキリ番組が複数放送されている。
 しかしこのように、あらゆる仕掛けを作って誰かに驚きを与える“ドッキリ”は、かつてテレビ番組のひとつのジャンルとして確立していたが、今は稀に観る程度になってしまっている。

1:匿名2015年1月 3日 20:11 | 返信

年始にドッキリ企画、普通に放送してましたよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。