>  > 2014年トカナ人気記事ベスト10! 【12月編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 ゆく年、くる年──。2013年11月にオープンした不思議・ディスカバリー系サイト『Tocana』。今までの前例がない媒体ゆえ、リリース当初は「続くのがホントかな!?」状態ではありましたが、読者のみなみなさまのご愛顧もあり、無事1周年を迎えることができました。
 
『Tocana』では、今後も世界中にはびこる奇奇怪怪なニュースをお届けし、読者のみなさま及び編集部一同の好奇心を満たしていければよいなぁと考えております。
 
 そこで、今年のさらなる飛躍のためにも、去年を振り返るべく各月の月間ランキングを作ってみました。異常気象もウワサされる冬休み真っ盛り。外に出て雪風に吹かれるのならば、ディスプレイの向こう側に広がる不思議ワールドを肴に、熱燗を一献傾けてみるのも乙なものではないでしょうか?


【1位】

tocanaranking_12_01.jpg

「35年前火星で人間を見ました。何人も目撃している」NASAの元職員が証言!(掲載日:2014.12.26)

 NASAの元女性職員、ジャッキー氏は35年前、火星探索機「ヴァイキング」から遠隔通信で送られてくるデータの監視に従事しており、その時に人間が映っていた画像を目撃したという。またジャッキー氏以外にも6名の目撃証言があることから信憑性は高そうだ。

http://tocana.jp/2014/12/post_5386.html


【2位】

tocanaranking_12_02.jpg

モーゼは本当に“海を割った”!? フィクションではなかった、「モーゼの奇跡」!!(掲載日:2014.12.13)

 海が真っ二つに割れるシーンで有名な「モーゼの奇跡」。映画『十戒』などでも描かれ多くの方がご存知かと思われる、このシーンを現代科学で検証すると、特定の条件によって発生し得るということが明らかに。

http://tocana.jp/2014/12/post_5368.html


【3位】

tocanaranking_12_03.jpg

メディアが書かない! 実はNASAが注目している日本の素晴らしい秘境(掲載日:2014.12.11)

 大量に溶融硫黄を噴き出す火山・知床硫黄山。ここは知る人ぞ知る秘境なのだが、NASAが注目するほどのすごい火山でもある。一息吸うと即死するという猛毒の硫化水素ガスが吹き出る中、命懸け(?)で実際に取材をして頂きました。

http://tocana.jp/2014/12/post_5349.html


【4位】

tocanaranking_12_04.jpg

「ローマ法王庁、尊厳死を批判 日本人8割、尊厳死を認めるべき」この差にあるものとは?(掲載日:2014.12.7)

 自殺や尊厳死に対する考えは国や宗教によって異なる。ここでは仏教、イスラム教、キリスト教、カトリックの違いを解説。これを読んで死生観について一考してみるのもいいかも。

http://tocana.jp/2014/12/post_5300.html


【5位】

tocanaranking_12_05.png

NASAの写真に謎の「エイリアン・コード」!? ついに火星人からの返信を受け取ることに成功か? (掲載日:2014.12.5)

 地球外知的生命体がNASAに送った秘密のメッセージを公開。○で埋め尽くされた画像は見れば見るほど理解不能だが、どんな意味なのか気になるところ。メッセージの内容が解明がされた時は改めてご報告します。

http://tocana.jp/2014/12/post_5330.html


【6位】

tocanaranking_12_06.jpg

【超・閲覧注意】世界最大の“斬首”祭り!! 5年に一度の「ガディマイ祭り」が凄惨すぎる=ネパール(2014.12.2)

 世界最大の生贄祭り「ガディマイ・メラ」。世界最大と言われるだけあり、映像はかなりショッキングなため動画を観る人は覚悟が必要です。ちなみに生贄となった動物たちは肉や毛皮として売られるそうです。

http://tocana.jp/2014/12/post_5296.html


【7位】

tocanaranking_12_07.jpg

左利きは稼ぎが少なく、認知能力も低い!? 最新研究で崩壊した「左利き神話」(掲載日:2014.12.9)

 何故、人には“右利き”や“左利き”があるのかは今だ謎は究明されていないが、“左利き”というとなんとなく天才肌が多いというイメージがある。ハーバード大学の教授が調査した結果、なんとこれまでの常識を覆す事態に。

http://tocana.jp/2014/12/post_5350.html


【8位】

tocanaranking_12_08.JPG

火星にオバマ大統領の頭部が落ちていた! しかし、驚くべきことではない。 ~火星とオバマの秘密~(掲載日:2014.12.8)

 ここで紹介している火星の画像は誰がどう見てもオバマ大統領に見える。それはその筈、なんとオバマは1970年代の「ペガサス計画」によるタイムトラベル実験で2度も火星に訪れているのだそう。とてもロマンに溢れるお話ですね。

http://tocana.jp/2014/12/post_5336.html


【9位】

tocanaranking_12_09.jpg

クソッタレな時代に放たれた素晴らしすぎる異臭 ― 写真家・石川竜一「絶景のポリフォニー」2014年木村伊兵衛賞、最有力候補者!?(掲載日:2014.12.12)

 見れば判る本物の写真家・石川竜一さんによる写真とインタビュー。記事で取り上げた写真の全てに物語があり、インパクトがある。写真を通して石川さんの「目」はなにを捉えているか考えてみてほしい。

http://tocana.jp/2014/12/post_5370.html


【10位】

tocanaranking_12_10.jpg

【動画】全身緑色のネコが発見される!! UMAか、突然変異か…!?(掲載日:2014.12.5)

 ブルガリア東部で発見された全身緑色のネコ。まるでCGのようだが、ちゃんと実在する。UMAや突然変異なのかと思い真相を究明したところ……。


http://tocana.jp/2014/12/post_5326_entry.html

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。