>  >  > 深海に漂うゴーストフィッシュの奇妙な動画!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

Maria Rosa.S

,

新種

,

,

深海

,

生物

,

 翼のようなヒレの生えた、過去に類がない形状の魚が最近発見されたとして、昨年12月に「New Scientist」などが報じ、話題になっている。


■超深海でたくましく育つ驚異の魚類

snailfish1.JPG
水深8,143mの深海を泳ぐ新種の魚類 画像は「YouTube」より

 西部太平洋マリアナ海溝で、“地球で一番深い”と言われている地域にあり、新種のカサゴ目クサウオ科の魚(Snail Fish)がなんと水深8,143メートルに達する海底に腹這いになって浮遊している姿が撮影された。

 今回の新種の魚は、ハワイ大学のジェフ・ドレーゼン氏およびパティー・フライヤー氏ら深海魚の研究チームによる探検隊によって発見されたのだが、何百種とあるクサウオ科とも異なる形をしており、海底を這うのに適した幅広い半透明のヒレと細いひも状の付属肢、そして滑らかに動く役目を担うウナギの様な尾を持つのだという。

「Sea ghost breaks record for deepest living fish」 動画は「YouTube」より

 クサウオ科の魚は浅瀬でも生息可能だが、深さ数千メートルという超深海でこそ、たくましく育つという特性を持つことで知られる。オタマジャクシに似た外見のシンカイクサウオ(Pseudoliparis ambystomopsis)は、2008年に深度7,703メートルで発見された記録を持つが、深海における高水圧の中で生物が生き延びるのは至難の技だ。というのも、高圧が筋肉と神経、体内のたんぱく質を押し潰して生命を維持するのに必要な酵素の働きを破壊してしまうからである(圧縮空気を使ったスキューバダイビングでも、人間が水圧による窒素中毒を避け安全に潜水できるのは30メートル程度までで。ちなみに、世界最高記録は332.35メートル)。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。