>  >  > 韓国「ヌタウナギの焼肉」がグロい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ゲテモノ

,

ヌタウナギ

,

料理

,

焼肉

,

韓国

 そろそろ2015年のお正月も一区切り。毎日続いた「おせち料理」にもウンザリ、がっつり焼き肉でも食べたいと思っている読者も多いに違いない。そのような折、動画共有サイト「LiveLeak」上で1月2日に公開された、とある焼き肉動画が話題を呼んでいる。

動画は「YouTube」より

 網の上で激しくのたうち回る、巨大ミミズのような生物――今まさに焼かれようとしているその食材の名は、ヌタウナギ。韓国では古来より高級な食材として珍重されてきたようだ。さまざまな調理法があるが、このように焼肉風に食べることもあるらしい。日本でも一部の地域で食用とされるが、世界的な消費のほとんどは韓国で占められている模様。その味は“ウナギ”という名前には似ても似つかず、弾力がありジューシーだという。

動画は「YouTube」より

 深海に生息するヌタウナギは、「生きた化石」と呼ばれる生物の一種であり、厳密には魚類ではない。背骨や顎を持たず、目も退化し、体は粘液に覆われている。通常、大型の魚類などの死骸に吸着してエサとする「腐肉食」の習性を持つ。

動画は「YouTube」より

 ヌタウナギは滋養強壮や精力増強にも効果抜群であるとされるが、動画の暴れぶりを見れば納得せざるを得ない。近年、韓国は「韓食の世界化」と銘打ち、世界に韓国料理の“優秀性”を広める運動を推進しているが、このヌタウナギ料理も受け容れられるか注目だ。
(編集部)

参考:「Nature ダイジェスト」、ほか

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。