• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

イスラム教

,

テロ

,

パリ

,

フランス

,

警察

ParisAttack.jpg
容疑者と思われる兄弟「YouTube」より

 1月8日、フランス・パリの中心部で、風刺週刊誌「シャルリー・エブド」本社が覆面をした3人の男による銃撃を受けた。死亡が確認されたのは12人、うち10人は同紙編集者、2人は警察官だった。負傷者11人のなかには重体も4人含まれている。パリに暮らす日本人に現地の様子を聞いたところ、こんな答えが帰ってきた。

「『シャルリー・エブド』は、有名なイラストレーターを複数抱え、挑発的で過激な風刺表現で知られる週刊誌です」
あまり知られていませんが、日本で過去に物議を醸した、福島原発事故に関して“3本の手足を持つ”力士の風刺画を描いたのも同紙関係者だったようですね」
「現在パリ市内は、公共施設や交通機関、ショッピングセンターなどで物々しい警戒態勢が敷かれていますよ」

 警察は、パリ周辺に住む30歳代の兄弟とフランス北東部ランスに住む少年(18)が犯人とみて行方を追っているが、すでに容疑者の少年は出頭したようだ。確かな動機の解明は容疑者全員の拘束を待ってからとなりそうだが、現地メディアでは容疑者たちが「預言者(ムハンマド)の復讐だ」と叫んでいたとも報じられており、また同紙が以前からイスラム教に関する風刺画を多数掲載してきたことから、イスラム過激派の影響を受けた犯行ではないかとの指摘もある。

 そのような中、犠牲者の1人となった警察官が、犯人に射殺される瞬間を捉えた映像が、動画共有サイト「LiveLeak」上で公開され、世界中の人々に衝撃を与えている。

※次頁には衝撃的な映像を含みます

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?