>  >  >  「バークとヘア連続殺人事件」と謎の17の棺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

石川翠のワールド・ミステリー・シリーズ

 さて、今回、ご紹介したいのは、19世紀スコットランドの闇に灯った禍々しい篝火(かがりび)─「Burke&Hare」と呼ばれる二人組がしでかした数奇な連続殺人の物語だ。

そんな子はバークとヘアにさらわれるぞ――。事件発生からおよそ200年がたつが、彼らは今なお、聞き分けの悪い子どもたちへの脅し文句にその名をとどめているという。

burkeand.jpg
画像は、バーク&ヘア The Secrets of Scotland Yard: Burke & Hare「YouTube」より。


■「バーク&ヘア」の裏稼業

 時は1827年11月。スコットランドの首都エディンバラの街での出来事だ。

Robert_Knox72.jpg
ロバート・ノックス「Wikipedia」より

 ひなびた陋巷(ろうこう)に、青色吐息で、なんとか日々の糧を稼ぐ二人組が、ひょんなことから、禁断の〈事業〉に手を染めた。片割れである、ウィリアム・ヘア(William Hare)が、貧民宿をはじめたことが事件の発端だった。間借り人の老人が死んだ時、ヘアは、やはり間借り人の1人であるウィリアム・バーク(William Burke)と共謀し、遺体を棺から盗み出すと、王立エディンバラ外科学校の解剖学教授で外科医のドクター・ロバート・ノックス(Robert Knox)のもとに持ち込んだ。

 ここは、現在のエディンバラ大学医学部の前身で、大学自体は1583年に設立されている。イギリスで6番目に古く、これまでに11人のノーベル賞受賞者が輩出した国立大学だ。『シャーロック・ホームズ』シリーズで知られるコナン・ドイルや、『進化論』を著したシャールズ・ダーウィン、『国富論』のアダム・スミスらの出身校だと書けば、その名門ぶりがわかろうというもの。

 さて2人は、解剖用死体の代金として7ポンド10シリングを手にした。そして、すぐに気がついた。これがボロい商売だということに。なにしろ元手はまったくかからない。興奮してはしゃぎまわる彼らだったが、せっかくの大金はたちまちそれぞれの妻と愛人に巻き上げられてしまった。

 一度金の味をしめると、人間は後戻りが効かなくなるものらしい。が、〈在庫〉は早くも底をついている。そこで、バーク&ヘアは独自のルートで、〈商品〉を調達することにした。こうして、トンデモコンビの暗躍が始まった。

バーク アンド ヘア [DVD]

バーク アンド ヘア [DVD]

『ホット・ファズ』サイモン・ペグ出演!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?