>  >  > 石油暴落とUFOとロックフェラーの怪しい関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
davidrockfeller0109.jpg
デイヴィッド・ロックフェラー氏「endrtimes」より

 石油価格が急落している。2014年の7月上旬まで1バレル(約159リットル)100ドル前後だった原油価格は、7月28日を境に急落。1月現在、1バレル50ドル前後とおよそ50%も価格が暴落したのだ。経済評論家の中には、この先30~20ドル台まで下落する可能性を指摘する声もあり、今後も石油の値下がりは続く可能性は高い。

 ここで注目したいのが、この事態を見込んでいたかのように、9月23日、ロックフェラー兄弟財団は石油関連に投資している8億4000万ドル(約900億円)の資金を引き揚げると発表していることだ。ロックフェラー財団は石油資本として有名なエクソンモービルを母体としているが、そんな彼らが石油エネルギー関連事業から事実上撤退する意味とは何なのか?

 現在の超資本主義を作り出した一角であり、全世界の政財界に強い権力を行使できるロックフェラー財団が石油から手を引くということは、世界のスーパーパワーたちはもはや石油に投資価値はないと判断したということだ。

 理由の1つには、彼らが「石油価格は1バレル100ドル水準に戻ることはないだろう」という、当面の利益を考えた判断が上げられる。現在の石油価格の急落は、アメリカやカナダでのシェールガス/オイルの採掘が軌道に乗り、石油がだぶついたことが原因だ。本来であれば、減産によって価格維持に努めるOPEC各国は、これを放置していたはずだが、今下手に減産すると、アメリカにエネルギー市場のシェアを奪われると考え、減産を拒否した。対するシェールガス/オイルは、地下2~3000mから採掘するコストが高いため、このまま石油価格の下落が続けば、いずれアメリカが減産せざる得ないという読みもあり、さらにはロシアを苦境に追い込むためのアメリカとサウジアラビアの策略だとする考えもある。事実、ロシアのルーブルはドルに対して急激に下落しており、早くも「BRICs脱落」が囁かれている。アメリカとOPECの間で、このようなチキンレースが今後も続くとすれば、利に目ざといロックフェラーが石油から手を引くのも理解できるだろう。

 しかし、ここからが重要。

関連キーワード

UFO

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。