>  >  > 肌がパンケーキ化? 肌老化の謎とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

pancake.jpg
体内では起きる"パンケーキ化"が老化の原因に?

 多くの人が、いつまでも「美しく」「若々しく」ありたいと願っている。そう見られるための大きなポイントの一つは、やはり肌の"張り"や"みずみずしさ"だ。

 皮膚を老化させる原因としては、紫外線や乾燥などの影響が知られている。これらに加えて話題になっているのは、糖(グルコース)がタンパク質や脂質と結合する「糖化反応(メイラード反応)」だ。この発見自体は意外と古く、1912年にフランスの科学者L・C・メイラードが提唱したことから名づけられた。

 身近にあるわかりやすい糖化は、たとえばパンケーキの表面にできた茶色の焼き目や、保温器の中のご飯が黄ばんで硬くなる現象などもそうである。実はこれと同じことが、人間の体内でも起こる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。