>  > 2014年に解決しなかった「世界の謎13」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 よく「○○の七不思議」や「世界○大ミステリー」などといわれるように、この世にはその道の専門家や科学者らが知恵を絞り合っても解決できていない「未解決事件」が多く存在している。

 昨年も例外ではなく、一年に起き話題となった事柄のなかにも原因不明のものが多く存在した。今回は、そんな2014年中に起きた事件や事故のなかから、年が変わった今年2015年になっても未だに答えの出ていない出来事の13例を「Science」がピックアップ。トカナの関連記事と一緒に紹介していこう。忘れていた疑問がよみがえるはずだ。


■2014年に起きた未解決事件・原因不明の事故とその謎


●消えたマレーシア航空機「MH370便」

mysteries2014a.jpg
MH370便の機体 画像は「Wikipedia」より

 いつになく昨年は飛行機に関連した事故が多くニュースで取り上げられる年であったが、その最初のきっかけであるのが2014年3月8日、クアラルンプールから北京へ向かっていたマレーシア航空MH370便が突如としてレーダーから消え、その後一切の消息を絶ってしまった事件である。長期間に及ぶ大規模な捜査の甲斐なく、239人の搭乗者を乗せたボーイング777機の破片一枚すら見つかっていない。

【トカナの関連記事】
マレーシア航空機は今どこに? 「FBI超能力捜査官」は驚愕の真相を“視た”!!
消えたマレーシア航空機 6つのオカルト的仮説!! 
行方不明・撃墜、両方のマレーシア機に乗る予定だった男がいた!! 彼はなぜキャンセルしたのか!?


●本当に殺したのか? 1999年の事件以来服役中の男

 1999年、アメリカ・ボルチモアの高校で起きた女子生徒の殺害事件において、当時女子生徒と交際していたアドナン・サイードが容疑者となり逮捕され、現在に至るまで刑務所で服役している。古くからの未解決事件によって服役している犯人はアドナンだけに限らないが、この事件が昨年から話題となっているのは、当時はまだ未熟だった科学的捜査によって明かされていく謎をノンフィクション・ストーリーとして毎週、ポッドキャスト配信しているという点である。約16年に及んでサイード本人は一貫して無実を主張しており、またサイード氏が事件当日殺害された彼女と一緒にいた証拠や目撃談などは一切ないのだという。今年1月にはメリーランド州の控訴裁判所で最終的な決定が下されることとなっている。


●科学者も解明できず? シベリアに開いた大きな陥没穴

シベリアに突如出現した巨大な陥没穴 画像は「YouTube」より

 昨年6月、ロシア・シベリアのヤマル半島にある小さな村に突如姿をみせたのは、全体の大きさが20メートル×30メートル、深さ35メートルもある巨大な陥没穴だった。爆発音とともに突然できたこの穴、実は同じ地域で同時に3つできており、科学者らは天然ガスなどのガス爆発が原因ではないかと考察してみるものの、依然として決定的な原因にたどり着けていないのが現状である。11月には科学者チームやプロのクライマーなどを引き連れた調査チームが穴の中を調べているが、それでも原因は不明なままだ。

【トカナ関連記事】
シベリアに超巨大陥没穴が出現!! 専門家が緊急調査へ、「UFO着陸説」も浮上!

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年1月17日 18:14 | 返信

解決してるのもあるじゃん
もっとニュース見ろよ…もちろん日本のつまらないニュースもどきじゃないものを。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。