>  >  > 【日本怪事件】特徴的な親殺し事件3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

日本怪事件

,

深笛義也

,

親殺し

――日本で実際に起きたショッキングな事件、オカルト事件、B級事件、未解決事件など、前代未聞の【怪事件】を隔週で紹介する…!

oyagoroshi.jpg
credit:Eric Wienke/from Flickr CC BY 2.0

【今回の事件 親殺し】

 殺人は、親族間によるものが最も多い。子どもが親を、親が子どもを、妻が夫を、夫が妻を殺す。兄弟間の殺人もある。警察庁の平成23年の統計では、親族間の殺人は、殺人件数の52.2%を占めており、殺人件数自体は年々減少しているが、そこに占める親族間の殺人の割合は逆に増えているのだ。中には、保険金殺人や財産目的などもあるが、ほとんどが感情のもつれによるもの。もちろん、そこには、さまざまなドラマがある。

 今回は親族でも、親殺しに絞って、特徴的な事件を紹介しよう。


■CASE1 友人に頼んで母親を殺した16歳少年の“友情”

 病院の臨時職員として働きながら、女手一つで自分を育ててくれている母(当時46歳)を殺した息子(当時16歳)がいる。しかも「俺は殺人組織の人間。母親はあかの他人。殺してほしい」などと言って、30万円の報酬を渡すとして、殺害の実行は友人(当時15歳)にやらせていた。

 平成18年8月27日、北海道稚内市で事件は起きた。午後10時頃、自宅にいた少年は、母親が浴室に入ったところで、外にいた友人を携帯電話で呼び、招き入れた。少年は友人に包丁を渡す。浴室から出てきた母親は、その包丁で刺されて失血死したのだ。

 強盗殺人に見せかけるため、少年はタンスからアクセサリーや衣類を持ち出すなど、家の中を荒らした。友人は家から出て、少年は深夜12時頃、119番通報する。しかし警察に対する不自然な説明を追求されて自供に至り、翌日の午前3時半頃、少年と友人は逮捕された。

 少年はもともと、横須賀で両親の元で育っている。父親は海上自衛隊員。少年の憧れの存在だった。「将来は親父と同じ海上自衛隊に入りたい」「町や人を守れるような人間になりたいんです」と、中学の卒業文集に記している。

 だが、きちんとした説明もないまま両親は離婚。母に連れられて、少年は稚内にやってきた。事件の1カ月前、少年は家出して横須賀に向かった。父の住む家に行くと、玄関前に置かれたベビーカーが目に飛び込んできた。離婚してすぐに再婚、すでに子どもまでいることに少年はショックを受ける。

「なぜ離婚したのか」家に戻ってから少年が母に質すと、「あなたには関係ない」と言われ、母は父をかばった。供述で「自分を捨てた父が憎く、それをかばう母も憎かった」と少年は殺害を決意するに至った心情を語った。

 友人に頼んだ理由としては、「自分の手で母親を殺害するのは嫌だった」と供述。殺害時には、少年は2階の自室にいた。一方、友人の方は、「初めは冗談だと思った」「金がほしかった」「頼まれて断れなかった」と供述している。実際には報酬は渡されていない。

 平成19年1月、旭川家裁は少年と友人を中等少年院送致とする決定を下した。少年に関しては説明を受けないまま両親が離婚している事実、友人に関しては言語を介しての感情表現能力や現実吟味能力が低かったなどが斟酌され、刑罰よりも更正を重視した保護処分となった。

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年12月13日 11:39 | 返信

どんな親でも親ってことかもしれないけど、これをきっかけに法が変わるほど同情の余地があるしよく自殺せずに耐えてきたと思う。産まれた子も不憫だけど、それでもプロポーズされるくらいだから良いお嬢さんだったんだろうし、子供も含め安心して暮らせる平凡でも暖かい人生になることを祈るばかり。

2:匿名2015年1月25日 23:48 | 返信

犯行5日間→犯行5日前ですか!?

1:匿名2015年1月17日 01:05 | 返信

case2の文中の「殺人罪の適応」は正しくは「適用」かと。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?