• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

MRSA

,

パジャマ

,

微生物

,

感染

,

洗濯

,

清水ミロ

,

 あなたは何日間、同じパジャマを着るだろうか。ある調査の結果、多くの人が2週間以上同じパジャマを洗わずに着て寝ているようだが専門家はその危険性を指摘し、警鐘を鳴らしている。1月9日付けの「Daily Mail」が報じた記事を紹介しよう。


■パジャマを洗わないと大変な事に!

2wpyjamas1.JPG
Daily Mail」の記事より。素敵に見えるこの光景も実は微生物がウジャウジャ?

 上下セットのパジャマやセクシーなネグリジェ。毎晩ベッドに入る際に着る寝巻きはそれぞれだが、人はどれ位の頻度でパジャマを洗うのだろうか。欧米を中心にメモリーフォームマットレスで有名な「Ergoflex」社の調査によると平均で男性は約2週間、女性は何と男性を超える17日間もの間、同じパジャマを着続けてから洗うのだそうだ。ちなみに調査が行われたのはイギリスのようだが、にわかに信じがたい結果を見て衛生学の専門家は恐怖におののきながら、パジャマやシーツ、枕カバーなどの寝具を洗わずに長期間使用することで様々な健康被害を引き起こすと警告している。

 国際保険と熱帯医学の分野で世界をリードする研究主体の大学院である「ロンドン・スクール・オブ・ハイジーン&トロピカルメディシン(LSHTM)のサリー・ブルームフィールド教授は「Daily Mail」の取材に対し「パジャマは肌に直接触れているため、常に皮膚細胞が付着しています。私たち人間の皮膚や消化器官には微生物がいますが、普段は無害と言われていても、それらが間違った場所に入り込むと深刻な問題に発展する事もあるのです」と語っている。

 例えば多くの人間が持つと言われているブドウ球菌。普段は無害だが、切り傷などの傷口から体内に入ってしまうと感染症を引き起こし、危険な状態に陥る事もある。また近年ではMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の病院内での感染が問題となっている。他にも腸内の大腸菌が泌尿器系に入れば膀胱炎になる事もあるそうだ。


■驚きの回答続出!! 洗わない人たちの言い訳とは

 では次にこの調査に協力した人たちが、なぜパジャマを洗わないのかについての解答を見てみたい。

 まずは女性の場合。

「複数あるパジャマをかわるがわる着るので何日間着ているのか、つい忘れてしまう」と答えたのが54%。次に多かったのが「毎晩たった数時間しか着てないので汚くはない」と答えた女性たち。他にも「パジャマを複数持っているが、お気に入りの一着を毎晩着ていたい」「臭くないので洗う必要はない」や「他の事でとにかく忙しいので取り替えるのをつい忘れてしまう」と何となく言い訳にしか聞こえないような意見が多いように感じられた。

 次に男性の場合。

 何と73%と大多数が「洗濯はパートナーに任せているため、自分はそこにある物を着るだけ」と答えた。他の意見は女性同様「臭くないので問題ない」や「家族が何も言わないので洗う必要はない」など、こちらもなかなかの強者揃いであった。

 ブルームフィールド教授は「パジャマを2週間着続けると、洗濯して見た目は綺麗になったとしても微生物が蓄積され、衛生学的には綺麗になりません。最低でも週に一度、パジャマを洗いましょう。そうする事でほとんどの微生物は除去出来るはずです」とアドバイスしている。

関連キーワード

MRSA

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。