>  > 北川景子の黒歴史は大ウソ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

セーラームーン

,

北川景子

,

黒歴史

kitagawa_top.jpg
画像は「北川景子 - STARDUST - スターダストオフィシャルサイト」より

 女優の北川景子(28)らが今年1月に参加した「セーラームーン新年会」が話題になっている。

 北川の女優デビュー作であるドラマ『美少女戦士セーラームーン』(TBS系)は2003年に放送された。セーラーマーズ(火野レイ)を演じた北川はミニスカートのコスプレ姿を披露している。このドラマの出演者が新年会を開き、女優・沢井美優がブログ(1月14日付)で写真を公開した。北川・沢井らセーラー戦士役の女優5人が楽しそうにカメラに収まっている。

 いわば単なる共演者の飲み会だが、この写真に対しネット上では「え? 黒歴史じゃないの?」「普通に写真載せてて驚いた」といったコメントが書き込まれた。

 というのも、ネット上では「北川は『セーラームーン』に出演したことを隠している」「黒歴史としてタブー化している」といった噂が流れているからだ。確かに、現在は有名女優になっている北川が、コスプレでドラマに出演していた過去を隠しているというのは信憑性があるように思える。しかし、実際は所属事務所公式サイトのプロフィールにも『セーラームーン』は載っているし、時々本人も各メディアでその話題に触れている。

 だがネット上では「北川景子セーラームーン黒歴史説」が以前から語られ続け、現在も信じている人が多い。なぜ、事務所公式サイトを見れば嘘と分かる噂(デマ)を信じてしまう人が多いのだろうか。そこには社会心理学でいう「交差ネットワークによる二度聞き効果」という現象が働いている可能性が高い。交差ネットワークによる二度聞き効果とは、簡単にいえば「人間は別々の人から同じ噂を聞くと信じやすい」というものである。

 交差ネットワークによる二度聞き効果の例として有名なのが、1973年に発生した豊川信用金庫事件だ。電車内での女子高生の冗談が又聞き(伝言ゲームの要領)で豊川信用金庫の倒産説がどんどん広まっていき、わずか6日後には豊川信用金庫に預金者が大量に押しかけ、約20億円が引き出された事件である。噂の発生源に悪意があった場合、豊川信金への業務妨害や信用棄損の可能性があるため、警察によって情報伝搬ルートが詳細に捜査され公表されている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。