>  >  > 運河から遺体61体! 事故か連続殺人か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 英紙「Daily Mail」の電子版によると、イギリス北部のマンチェスターでは、過去6年間に61人もの水死体が運河から発見されたと伝えている。しかも、その原因が「ゲイ嫌いの連続殺人鬼」の仕業ではないかというのだ。


■浮上した「シリアルキラー説」

canalstreet1.jpg
マンチェスターのカナル・ストリート 画像は「Wikipedia」より

 マンチェスターの運河沿いに延びるカナル・ストリートは、オシャレなバーやレストランが立ち並ぶ「ゲイ・ヴィレッジ」として知られている。毎晩、どんちゃん騒ぎのワイルドなエリアである一方、通りの外れまで来ると人通りも絶え、街灯も乏しくなにかと物騒になる。

 そんなワケありの場所で起こった事件だけに「同性愛者狩りの連続殺人では?」と憶測を呼んでいる。クリス・ブラニーさん(22歳)は、2012年6月「ストーン・ローゼス」のコンサートの後、行方不明になっていた。警察による大規模な捜索が行われたが10日後、変わり果てた姿で運河から引き揚げられる結果となった。このとき、遺体の腐敗が進んでいたため、検視官による死因の特定までは出来ず、自殺か他殺か今もって断定されていない。

 この夥しい数の水死体に対し連続殺人の可能性を主張しているのが、バーミンガム市立大学心理学部のクレイグ・ジャクソン主任教授だ。彼は「デイリー・スター」日曜版で「不慮の事故や自殺で、これほど多くの遺体が運河から発見されるとは考えにくい。飛び込み自殺するには運河は浅すぎる。だが、死体遺棄にはうってつけだろう。なにしろ水は証拠になるDNAを洗い流すのに最適だから」と語っている。また、これが本当に連続殺人事件なら、英国史上前代未聞の被害者数となる。

 教授の殺人鬼説が正しいとすれば、犯人は未だに捕まっていないことになる。だが、警察当局は教授の推理には同調しかねており、広報官は「それぞれのケースについて事実を十分に検証した結果、これらの事件の間には何の関連性も見いだせない」と発表している。また、カナル・ストリートでバーを経営するアーロン・ウイルソン氏も「1人のゲイ嫌いが60人以上の野郎たちを川に突き落として死なせるなんて、しかも警察がそんな凶行に及ぶヤツを未だ逮捕できないなんてありえない」とシリアルキラー説に懐疑的だ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?