>  > 【イスラム国拘束】救出交渉を妨害している人々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

イスラム

,

イスラム国

,

テロ

,

聖橋乱丸

IslamicState.jpg
画像は「YouTube」より

 こんにちは、陰謀社会学研究家の聖橋乱丸である。

 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」が日本人2人を殺害すると脅迫した事件をめぐって、今、私が問題視しているのは、国会議員ら政治的影響力を持つ者によるネットでの言論である。


■営利誘拐事件では報道の自主規制が行われる

 日本で起きた「営利誘拐事件」の場合は、人質になった人の生命の安全を考慮して、マスコミは「報道の自主規制」を行う。これは、1960年に東京で発生した雅樹ちゃん誘拐殺人事件から始まった。人質は遺体で発見され、後に逮捕された犯人から「報道により精神的に非常に追い詰められたため殺害した」と語った事から、警察とマスコミの間において報道協定ができたのだ。

 そして、今回の事件も「営利誘拐事件」である。日本で起きる誘拐事件と違うのは、その犯人が外国人で、拘束場所も外国であり、さらに話題の「イスラム国」であるということだ。また、この人質になった2人が「危険だということを知りつつ、イスラム国に旅立った」ということも含まれる。

※たとえば、北朝鮮の拉致問題の場合は「日本国内にいて、平穏な暮らしをしているのに、拉致された」のであり、さらに、北朝鮮側が拉致行為そのものを否定していたという経緯もあるので、今回のケースとは異なる。

 さて、「国際的営利誘拐事件」は国際的な問題であるため、政府が前面に出ているが、本来は警察が前面に出て、身代金などは、人質本人の関係者が用意するものである。当然、後藤というジャーナリストの場合は、そのジャーナリストに取材させて、営利を貪るつもりであったマスコミ各社の責任であり、国民の税金を使うものではない。仮にもしも、彼に渡航費を援助していたメディアがあるのであれば、それを明確にするべきだろう。

関連キーワード

コメント

2:匿名2015年1月26日 03:58 | 返信

後藤さんはイスラム国に旅立ったのではなくて、シリアに行ったら、そこでガイドが騙してイスラム国に連行したのでは?

1:匿名2015年1月25日 23:23 | 返信

聖橋が今更民主政権の事引っ張り出してドヤ批判したいのはわかったから

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。