>  > ニセ僧侶の派遣組織が中国に誕生?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

僧侶

,

托鉢

,

本山文七

,

詐欺

0127takuhatusou_top.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 坊主頭で濃い茶色の袈裟のような衣装を身にまとい、町の人々にお布施を求める僧侶たちが世界中に現れているという。

 信心深い人間ならば思わず、彼らの活動の手助けをしてしまうところだが、実は彼らが中国から世界に輩出された“ニセ僧侶”の場合もあるとニュージーランド華字メディアのスカイ・キゥイが報じている。同誌によれば、僧侶に似た物乞いは、中国の専門組織に約1万元を支払った後、1週間ほど指導を受け、剃髪を行い、衣装を渡され、世界各地に派遣されているという。

 また彼らの組織機関が関与しているかは定かではないが、ニセ僧侶による被害も頻発している。アメリカ・ニューヨークでは道行く人々に寺の写真を見せるなどし、お布施を強要した者たちが逮捕されている。またイギリスでは「ロンドンで欧州最大の寺院を作る」などとだまし、寄進を求めていた例もあるという。さらにオーストラリア、ニュージーランド、香港などの世界各地でも被害者が続出していると伝わる。

 また、日本でも彼らに似た人物たちはいち早く注目されており、お金をもらった後に路上で喫煙しつつ、お金を数えている姿が都内を中心に目撃され、Twitterで話題なるなど、彼らに対し、『ニセ僧侶ではないか』という疑惑が絶えなかった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。