• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 森林伐採や環境破壊により、“森の人”オランウータンは年々個体数を減らしている。100年前に比べて、92%減少したとの報告もあるほどだ。そして今月22日、彼らの保護活動に取り組むNGO(非政府組織)「インターナショナル・アニマル・レスキュー(IAR)」が、昨年12月に救出した赤ちゃんオランウータンの映像を公開。その愛らしい姿と表情に、世界が魅了されている。

動画は「YouTube」より

 赤ちゃんオランウータンの名は「ブディ」。もともとインドネシアのある家庭で、ペットとして飼われていた。しかし、生まれてから10カ月もの間、彼は鳥カゴに詰め込まれ、コンデンスミルクしか与えられないという酷い虐待を受けていたのだ。

 当然のことながら、栄養失調となったブディは病気を患い、やがて危篤状態に。そして飼い主が「もう手放したい」と当局に相談したことで事態が発覚、IARが救出に乗り出したのだった。保護された時、ブディの身体はタンパク質不足で膨れ上がり、脚は形成不全を起こして身動きできない状態だったという。

Budi.jpg
画像は「YouTube」より

「この小さな赤ちゃんが、一体どれほどの苦痛を味わっていたのでしょう」
「獣医が身体を動かす度に、彼は目に涙を浮かべて泣き叫んでいました」
「生き延びることができて本当に良かった」(IARの飼育員)

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年2月19日 10:57 | 返信

栄養失調になるのが分からなかったの?笑
インドネシアの人は教育をあまり受けてないから頭が悪いの?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。