>  > 9.11の映像も自主規制…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

9.11

,

テレビ

,

事件

,

吉沢ひかる

,

報道

,

自主規制

0203jishukisei_top.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 日本のテレビ番組と海外のテレビ番組を見比べると、明らかに異なる点がある。日本のテレビ番組では、遺体などが放送されていないのだ。

 たとえば、東日本大震災において犠牲となった方々の遺体を撮影した映像を海外の放送局は放送しているが、日本においてこのような映像を放送したテレビ局は調べた範囲では皆無だった。

 一体なぜ、このような違いがあるのか。法律の問題かと思ったが、そうではなかった。

「これは日本のテレビにおける自主規制のせいです。日本のテレビ局では日本人のご遺体は絶対に放送できません」(テレビ局関係者)

 その自主規制とはどのような内容なのだろう。

「基本的には事件、事故、災害を問わず、ご遺体の映像はたとえ一部であっても放送しないというものです。ミイラ化した遺体などは放送できるケースとできないケースがありますが、少なくとも歴史的な価値があるような数百年前のものに限られます。近年の事件でミイラ化した遺体が見つかった場合はNGです。また、白骨に関しても戦中のものであれば放送できますが、昭和以降の事件で見つかった白骨などは基本的には放送しません」(同・テレビ局関係者)

 通常の遺体は絶対にNGで、白骨化やミイラ化などは個別に対応が異なるようだ。しかし、外国人の場合には対応が違うという。

「外国の方であっても日本で亡くなった場合には、遺体の映像は日本人同様に放送できません。しかし、遺体の発見場所が海外の場合には対応が違います。海外の紛争地域や事件事故などで亡くなった外国人の場合には、程度にもよりますが、そのまま放送できるケースも多いです。ですが、同じ海外で亡くなったとしても、それが日本人であれば放送できません。つまり、日本人の遺体はどのような状況であっても今は全く放送できないんです」(同・テレビ局関係者)

関連キーワード

9.11

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。