>  >  > 月収2000万円!? TV業界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

TV

,

吉沢ひかる

178888180.jpg

 テレビ業界で高収入を得ていると槍玉にあがるのは、多くの場合にはテレビ局の社員たちである。

 しかし、業界全体で見た場合には、彼らの上を行く高収入の職業があるという。無論、芸能人は別次元なのでここではスルーするとしても、実は裏方を務めるスタッフの中にも、とんでもない収入を得ているスタッフがいると聞きつけた。

 今回はそんな方々の存在を関係者の話をもとに紹介していきたい。

 まずは、番組作りに欠かせない職業が高収入の代表格として挙がった。

番組のナレーションを喋ってもらうナレーターさんは高収入ですね」(テレビ局関係者)

 ナレーションは、多くの番組にとって欠かすことができない重要な要素だが、これをしゃべるナレーターさんがかなりの高収入となっているようだ。

「1本あたりのギャラは高くても20万円ほどですが、レギュラー番組を5本や10本も持っているナレーターさんもいます。1本20万円でも月に80万円で、それが10本なら月収800万円、年収で1億の大台に乗る方もいますから高収入と言えるんじゃないでしょうか。最近は俳優さんや女優さんもナレーションの仕事を受けたいという人が増えていますよ」(同・テレビ局関係者)

 日々聞き流していたが、たしかに言われてみれば同じ声が様々な番組で聴けることもある。人気が出れば億万長者も夢ではない職業なのだ。

 続いては番組の中心にいるあの職業の名前が挙がった。

「番組にはディレクターが数名ずついますが、そのディレクターをまとめるチーフディレクターのことを演出家といいます。総合演出などの名称でクレジットされている人たちですが、彼らは高収入です」(番組制作会社プロデューサー)

 テレビにおける監督のような立場の職業が演出家だが、どの程度の収入を得ているのだろうか。

「制作会社やフリーの演出家の場合にはギャラ制なので、番組1本で150万円ほどもらえることもあります。1カ月で600万円ほどになりますから、年収で言えば7000万円ほどです」(同・番組制作会社プロデューサー)

 年収7000万円とは驚きだが、演出家は番組の隅々まで関わるため掛け持ちなどができずに、1番組だけを担当するケースが多いそうだ。

 しかし、そんな演出家とは逆に、掛け持ちが可能で、とんでもない高収入を得ている職業もあった。

「ピンキリではありますが、儲かる人は業界でもトップクラスの収入を得られると言われるのが放送作家です」(テレビ局スタッフ)

 世間的にはあまり聞き馴染みのない職業だが、番組の企画を考え、台本やナレーションを書くのが放送作家の仕事だ。そんな彼らはダントツの高収入を得ているという。

「多くの作家さんが番組ごとにギャラを受け取って働いていますから、働いた分だけ収入になります。ある程度のキャリアがあって人気番組をたくさん手がけるようになると、1つの番組が1回放送される度に50万円ほどのギャラがもらえます。レギュラー番組なら月に4回ですから合計200万円ほどとなり、人気作家さんは多くの番組を担当することになるので10本レギュラーがあれば月収で2000万円ほど、年間では2億円以上となります」(同・テレビ局スタッフ)

 テレビ局の社員は2000万円ほどの年収でも高収入と言われるが、その10倍以上の金額を稼いでいる放送作家が存在しているのだ。

「ただし、あくまでもピンキリです。駆け出しの頃は1本3万円などのケースも多いので、あくまでも人気が出た場合ですね。それに時間も不規則で明け方まで毎日会議や原稿執筆をしていて睡眠時間もゼロに近いのため、大変な仕事ではありますよ」(同・テレビ局スタッフ)

 たしかに歩合制のため安定はない上、体調面の不安もあるだろうが、それでも夢のある職業と言える。

 このように、テレビ局の社員以外でも高年収を得ている仕事はテレビ業界に数多く存在していた。無論、フリーの立場ゆえに将来への不安もあるかもしれないが、それを差し引いても羨ましい限りだ。体に気をつけながら今後も頑張ってほしい。
(文=吉沢ひかる)

関連キーワード

TV

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。