• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

NASA

,

ペガサス計画

,

火星

,

遠野そら

,

陰謀論

183995910.jpg

 人類未踏の地・火星。トカナでも度々その話題を取り上げてきたがNASA(米国航空宇宙局)が火星の謎が益々深まる画像を公開したと、英「Daily Mail」紙が伝えた――。

 今現在も火星探査機は様々なミッションを遂行しその画像をNASAへ送信しているのだが、その画像になんと“人影”が写り込んでいたというのだ。しかも、その“人影”はヘルメットもせずに探査機を修理しているような作業員に見えるという。

 火星表面の平均気温はマイナス50度とも言われ、酸素もほとんどないはずなのだが…!


■髪型の影までくっきり写っている“人影”

marsworkman1.JPG
画像は「YouTube」より

 火星探査は、火星の歴史や資源の有無を調べることにより、今後人類が進んでいく未来の姿をも予測できるかもしれないという、人類の夢が詰まった調査でもある。現在も。各国が膨大な予算を組み火星調査に乗り出しているが、今回問題となっているのは米国の火星探査機「キュリオシティ」から送られてきた“人影画像”だ。明らかに人間の形をした影は、腕を伸ばし探査機に向かって何らかの作業をしているようにも見えるが、また驚くべきことに、その人影にははっきりと頭部の髪型まで確認することができる。何度も言うが、ヘルメットをかぶっていないのだ!

 トカナでおなじみのUFO研究家、スコット・ウェアリング氏によると「火星探査機の車体にはこのような形をしたパーツは存在せず、この写真のような人間の形をした影を作ることは不可能である」と主張している。自身のサイト「UFO Sightings Daily」でもこの画像を検証しており、「この人影はカバースーツに空気タンクのようなものを装着しているが頭部がむき出しのままだ」と語っている。


■火星をめぐる、3つの陰謀論

 また、ウェアリング氏はこの画像には3つの可能性があると主張しており、筆者の所感も合わせた仮説を追記してみたいと思う。

●1、この火星探査機は火星ではなく地球上にある

 NASAには以前から様々な陰謀説がまことしやかに囁かれており、火星調査もその1つである。「火星探査機は地球上にある」というものだ。もしこの画像が地球上であるとすれば撮影場所は以前に火星探査機の試運転を行ったネバダ砂漠だろうと予測される。この“ヘルメットをかぶっていない人影”は探査機の作業をしていた人物が写り込んでしまったのだろう。また、背中には空気タンクではなくリュックのようなものを背負っているのであろうか? 火星探査機が地上から離れていなかったとすれば、今までNASAが公開してきた映像や画像はすべて地球上で撮影されたということになる。もしこれが事実だとすれば「宇宙開発」という大義名分の名のもとで利用されている膨大な政府予算の行方が気になるところである。

関連キーワード

NASA

コメント

4:匿名2016年6月 7日 02:43 | 返信

「第三の選択」は
海外のTV局でエイプリルフール用に作られた映像を
真に受けたUFOマニアが大騒ぎした一大珍事www

3:匿名2015年2月10日 07:02 | 返信

この位置のカメラから撮影された一枚目の画像がこちら
http://i.imgur.com/IP5cYfy.jpg

2:匿名Mr Earth2015年2月 5日 22:13 | 返信

火星は地球と同じ気候で温度、湿度共に同様であり第3の選択で1950年代にアメリカとソビエトが合同で火星に着陸し探査し第2の地球だと大喜びしている記録があり、-50度なんて、とんでもない大嘘である。NASAあ、すべて確認しており日本人へは全く知らされてない!嘘を信じこまされている。地球人が何人も駐在してるでしょう。

1:匿名Mr Earth2015年2月 5日 22:10 | 返信

火星は地球と同じ気候で温度、湿度共に同様であり第3の選択で1950年代にアメリカとソビエトが合同で火星に着陸し探査し第2の地球だと大喜びしている記録があり、-50度なんて、とんでもない大嘘である。NASAあ、すべて確認しており日本人へは全く知らされてない!嘘を信じこまされている。地球人が何人も駐在してるでしょう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。