>  > 福島第一原発作業員で死体写真家・釣崎清隆
東京から二〇〇キロの最前線(ゾーン)/福島第一原発戦記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11
「福島原発作業員は国民から冷遇されている」1F作業員で死体写真家・釣崎清隆

【東京から二〇〇キロの最前線(ゾーン)/福島第一原発戦記 連載第1回】  僕は死体写真家である。ヒトの死体を求めて世界中の危険地帯を渡り歩き20年になる。仕事の性質上、必然的に紛争地域にも通うが、僕にとって現場とは何といってもストリートである。戦場よりも個性的で人間くさい死臭を嗅ぐことができると思うからだ。そんな僕だが現在、福島第一原発の作業員として原子力災害安定化事業に携わること1年半にお...