>  >  > 教典『コーラン』の終末預言の実現は近い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

イスラム国

,

コーラン

,

白神じゅりこ

0206isuramu_main.jpg
※イメージ画像:『週刊ニューズウィーク日本版 特集:イスラム国 残虐性の原点と実態』

 シリアで日本人男性2人が、イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」に拘束され、それぞれが殺害されたと見られる動画がインターネット上に投稿され、世界中から追悼の声があふれた。

■今、世界を震撼させている武装組織「イスラム国」とは?

「イスラム国」とは、国際テロ組織として有名な「アルカイダ」を源流とした組織である。最高指導者アブ ・バクル・バグダディが2014年6月末に国家樹立宣言をし、設立されたが国際的には正式に認められていない。組織は、武力による恐怖支配を行い、シリアとイラクの広範囲で着々と勢力を拡大している。また人質たちの処刑画像を世界中に公開し、脅威を示すなど、現在において最もデンジャラスな組織であると言えるだろう。

 「イスラム国」の最大の目的はイスラム圏の統一だと言われている。

■今、最も過激な武装組織「イスラム国」彼らが信仰しているイスラム教とは?

 イスラム教は7世紀初頭に誕生し、その創唱者はムハンマドである。ムハンマドはごく普通の商人であったが、40歳頃から悩みを抱き、ヒラー山の洞窟で瞑想するようになった。そしてムハンマドは、唯一絶対神アッラーから「神の預言者である」という啓示を受ける。それからというもの彼は約23年間、アッラーから啓示を受け続け、彼の死語にまとめられたものが聖典『コーラン』である。
 
「イスラム」とは、アラビア語で「唯一の神に絶対帰依すること」を指している。それゆえ、イスラム教関連の風刺画を掲載したフランス週刊紙「シャルリー・エブド」を許すことはできず、1月7日にイスラム過激派「アルカイダ」関係者に襲撃されるという痛ましい事件も起こっている。

関連キーワード

コメント

1:葵櫻2015年2月11日 13:44 | 返信

2ちゃんでの貴女に対する書き込みは、悪意に満ちたものばかり。あなたは、よく頑張っています。電子書籍でも単著を出してるだけ、大したものだと思います。耳障りなノイズは気にせず、自分の道を進んで行って下さい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。