>  > 丘の上に超巨大な“アソコ”出現! なぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

アソコ

,

地上絵

,

英国

,

 現在、英国の片田舎に出現した“ある地上絵”が、インターネット上で大きな話題となっている。それもそのはず、なんと問題の地上絵は、男の“アソコ”としか思えない衝撃的な形状をしていたのだ!!

PenisOnTheHill.jpg
画像は「YouTube」より

 今月8日、英紙「The Daily Mirror」をはじめとする複数のメディアが報じたところによると、話題の地上絵は、北ウェールズある小高い丘に、ある日突然その姿を現した。どうやら丘に自生する草が、何者かの手によってアソコの形に刈り取られていたらしく、それがここ数日の降雪によってクッキリと浮かび上がり、多くの人の目に触れるようになったということのようだ。ちなみにアソコは、数km離れた場所からでも観察できるほど巨大であるという。

 陽光を浴びて神々しいまでの光を放つアソコに、地元住民の多くが困惑する一方、SNS上では「まるで子どものような悪ふざけだ」として大きな注目を集め、次第に観光客も現地へと足を運びはじめている模様。牧畜を営むある男性は、次のように語る。

「非常に趣がありますし、とても上手です。でも、みんなに見せるために刈り込むようなものではありませんよね」
「これがジョークなのか、偶然の産物なのかは分かりません」

PenisOnTheHill_2.jpg
画像は「YouTube」より

 また、撮影した写真を投稿したツイッターユーザーの1人は、

「本当に興味深い」
「どんなことであれ、地元が有名になることは良いことですね」

と面白がっているようだ。さらに、運転中にこの光景に出くわしたという写真家も驚きを隠さない。

「非常に巨大で誰にでも見える“ナニ”が、そこにあったのだ」
「標高にして30mほどの場所であろうか」

 さて、地元当局は調査に乗り出したようだが、場所が私有地であることから、できることは限られているようだ。現在までのところ、草を刈るためにトラクターが投入されたことは間違いないと考えられているが、誰が・いつ・どのような意図でアソコを描いたのかは謎のままである。トカナとしては、今回の件が単なるイタズラではなく、地球外知的生命体とのふれあいを目指した行為であると信じたいが……。読者のみなさんは、この地上絵から何らかのパワーを感じ取ることができただろうか?
(編集部)


参考:「The Daily Mirror」、「DAILY POST」、ほか

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。