>  >  > 組織的ネクロフィリアの実態が明るみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 テレビのトーク番組に出演した霊安室職員の暴露発言が世を騒がせている。なんと某病院の霊安室では遺体とのセックスが奨励されているというから驚きだ。


■「遺体と何度も“一緒”になった」霊安室職員の暴露発言!

mortuaryman1.JPG
元・霊安室職員のシャカーカ・ルーカス 画像は「YouTube」より

 1月15日、アフリカ・ガーナのテレビ局「Adom TV」のトーク番組に出演した「コレブ・ティーチング病院」の霊安室職員、シャカーカ・ルーカス氏(27歳)は職業訓練の一環として女性の死体と“何度も何度も”セックスしたことを認めている。

「これは必須の職業訓練なんだ。なぜなら、一度これをやれば、死体を怖れることがなくなるからだ」とルーカスは語り、霊安室職員の間では“死体嗜好”がごく普通に行なわれていることを暴露したのだ。

 最初は上司の命令で“遺体と一緒に寝た”ルーカスだが、何度も行なううちに喜びも見出していったという。

「死体に囲まれて仕事をする才能は神が与えてくれたものなんだ。ボクは何度も死体と“一緒に”なっている。自分がこれまでとは別人になったみたいだよ」と得意気に語るルーカスだが、彼が死体嗜好(ネクロフィリア)の味を占めたのはまた別の理由もあったという。

「ボクは結婚したくてこれまで彼女を作ろうと努力してきたけど、女の子はボクの職業を知るとみんなデートを断るんだよ」とルーカスは語り、この“嗜好”にハマりこんだ経緯を説明している。

「霊安室では満たされた気分になれるんだ。なぜなら、ここにいる女の子たちは口説く必要がないからね」(シャカーカ・ルーカス)

 しかしルーカスは今、この“嗜好”を楽しむことができない状況にある。番組で明かされた衝撃の発言を受けて病院側はルーカスを解雇したのだ。そして警察が事情聴取に動き出したため、ルーカスは現在家に帰らずに逃亡中であるという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?