• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

Maria Rosa.S

,

ロシア

,

絶滅危惧種

P.t.altaica_Tomak_Male.jpg
画像は、アムールトラ。トラの中でも大型Wikipediaより

 いわゆる高価な珍味といわれる“熊の手”や“猿の脳みそ”等々の食材――。試してみたことがある方もいるかもしれない(!?)が、今回紹介するのは世界中でもほぼ類をみないもの。

 英「Daily Mail」などが伝えたところによると、ロシアでアムールトラアムールヒョウの料理をメニューに載せて客に提供していたレストランが注目と非難を集めているようだ。


■驚きの裏メニューはトラ肉!

 注目を集めるのは分かるが非難も……? そう、これらは「絶滅危惧種」、つまり捕獲すること自体が犯罪行為の動物たちだからである。

 問題の場所はモスクワ郊外の閑静な場所にある高級レストラン。今月初めに、ここで頭部と体の皮を剥ぎ取られ、食用に解体されたアムールトラとヒョウが見つかったという。

tigermeat1.JPG
提供される寸前だった“トラ肉” 画像は「YouTube」より

 現地の警察は抜き打ち検査で店に入り、これらの肉を全て押収した。警察が踏み込んだ際の調理場の映像が公開され、提供寸前の“トラ肉”などの生々しい現場の様子が収録されている。

 レストランではこれらの肉を“エキゾチック”かつ“希少で高価”という謳い文句でアピールしていたようである。現地の一部のセレブたちの中では、トラの肉は「仕事でもベッドの中でもパワーを発揮できる」として評判だったという。

 警察ではレストラン側が単に珍しい動物を売りにして儲けるということだけでなく、アジア向けに漢方薬の原材料や装飾用の毛皮としても需要があったとみており、肉は1キロ当たり約1,000ポンド(約18万円)、頭部はさらに価値があり2,500ポンド(約45万円)、そして毛皮はなんと7,000ポンド(約126万円)と破格の値段がついていたと推測されている。どちらにせよ、かなりおいしい商売であったようだ。警察は、レストランで働いていたベトナム人の店員が動物の殺害と密輸に関わっていたとして調べる方針だという。

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年2月19日 23:48 | 返信

北海道の
絶滅危惧種である
オジロワシやオオワシなども
鉛弾の汚染により
絶滅の危機にさらされているようで
change.orgという署名サイトで
鉛弾の禁止を訴える署名も
始まったようです。
http://goo.gl/GRyGWe
(Googleの短縮URLサイトで
アドレスを
短くして表示してみました。)

生命の愛護を
あまねく
実現できる
世界や社会を
築いていくことができればと
切に
願います。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。