• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ダイエット

,

トレーニング

,

杉田彬

,

瞑想

  引き締まったボディがほしい、でも努力はしたくない――。そんなことを考える人は多いだろう。一昔前に電気刺激で腹筋を鍛えるベルトが流行したのは、そんな人々の思いが具現化したものと見える。

 しかし、そういった器具を使わなくても楽に筋肉を鍛える方法があるらしい。オハイオ大学の研究によると、運動することを考えるだけで筋肉を鍛えることができるという。


■考えているだけで運動になる?

mentalexercise1.JPG
Scientific American」の記事より

 昨年行われたオハイオ大学のブライアン・クラーク博士らの研究によると、運動のことを考えて座っているだけで、筋肉が鍛えられるということが明らかになった。研究班が行なった実験では、29人の被験者を集め、その手首を1カ月にわたって動かせないように固定し、その筋力の変化を調べた。

 実験期間中、半分の被験者には固定された手首を鍛えることについてイメージすることを求めた。具体的には、着席した状態で筋肉を動かす想像を、1日あたり11分間で週5日、全神経を集中して取り組んでもらったのだ。その結果、その「脳内エクササイズ」をした人たちは、何もしなかった人々に比べて、手首の筋肉が強くなっていたことがわかったのだ(筋力の低下が半分ほどであった)。

 今回の研究においてクラーク博士らは、被験者の脳と筋肉の「回路」の接続状況に着目した。被験者の脳の運動野の上に磁場を作り、脳の運動野を刺激する「経頭蓋磁気刺激法」という方法で、脳の回路接続の状態を検査したのだ。磁場を発生させた際には「皮質沈黙期間」という、筋肉を動かすための電位が一時的に抑制される現象が起こる。この沈黙期間の持続時間を測定することにより、脳の運動野とその伝導路の状態を調べた。

 沈黙期間が長く残るほど、運動野と筋肉の結びつきが弱いことを示すのだが、測定の結果、脳内エクササイズをした被験者らは、運動野と筋肉が強い関係を持ち、そのため筋肉を保持できたことがわかった。逆に、何もしなかった被験者らはその結びつきが弱く、筋力も落ちてしまったようだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。