>  > 呪われたMacBookがオークションに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

Apple

,

オークション

,

,

幽霊

HauntedPC.jpg

 使い慣れていない人にとって、パソコンの扱いほど難しいものはないかもしれない。「教えてもらったとおりに操作しているハズなのに、できない」「雑に扱ったわけでもないのに、壊れる」など、もはや呪いとしか思えないような経験をした人もいることだろう。しかし世界には、実際に霊が取り憑いたパソコンを手にしてしまった人がいるようだ――

 今月、海外の大手オークションサイトeBayに、「呪われたMacBook(2007年モデル)」なる商品が出品された。出品者は、米国テキサス州オースティンに暮らすwfatzingerというユーザーだ。そして、そこに記載されている商品説明が、世界の人々を恐怖のドン底に陥れている。問題のMacBookが、呪われるに至った経緯についてお伝えしよう。


■墓地に忘れたMacBook

MacBook2007_2.jpg
画像は「eBay」より

 ある夜、アマチュアアーティストを自称する出品者は、廃墟となった精神病院に隣接する墓地で、墓石のスケッチにふけっていた。お気に入りの音楽を流すため、そばに愛用の白いMacBookを置きながら――。そして深夜、スケッチを終えて自宅に帰った出品者だが、一夜明けて大変なことを思い出す。そう、昨夜の墓地に愛用のMacBookを忘れてきてしまったのだ!

 彼が急いで墓地まで戻ると、昨日と変わらない位置に愛機はポツンと鎮座していた。ディスプレイは開いたままで、スピーカーからはお気に入りのベートーヴェンの音楽が流れ続けていたという。ホッと胸を撫で下ろした出品者は、MacBookとともに帰宅する。これが恐怖の始まりとも知らず――。


■ポルターガイスト現象が続発

 やがて出品者は、無事に回収したMacBookに、奇妙な変化が起きていることに気づく。まず、iTunes(音楽管理ソフト)のライブラリにある音楽が、どれも気味の悪い音に変化してしまっている。さらに、デスクトップの壁紙も恐ろしい写真に変更されているではないか。パソコンだけではない。自宅で収集・保管していたベースボールカードの並びも、いつの間にか全てがバラバラになっていた。

 そして事態は、ただならぬ様相を呈し始める。なんと出品者は、MacBookが空中に浮遊し、「パクっパクっ」と何かを話すようにディスプレイを開閉させている光景を目撃してしまうのだ! これはもはや、ポルターガイスト現象と言って差し支えないだろう。

 その後、怪奇現象はどんどんエスカレート。まるで意思があるかのように動くMacBookが、今度はディスプレイとパームレストの間にペンをくわえ、プリンタ用紙にメッセージを書いたのだ。写真を見る限り、そこには次のような一文が記されていたようだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。