>  > 100歳のワニが“激太り”で死亡!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

イスラム教

,

バングラデシュ

,

ワニ

,

肥満

 バングラデシュ南西部のモスクで飼育されている100歳のワニが、肥満で死亡するというショッキングなニュースが飛び込んできた。ワニはなぜ、命を落とすまで食べ過ぎてしまったのか? 詳細についてお伝えしよう。

動画は「YouTube」より

 今月14日、ロシア国営メディア「ロシア・トゥデイ」が報じたところによると、丸々と太ったワニが棲んでいたのは、バゲルハット県にあるモスク「ハズラット・カーン・ジャハン・アリ」敷地内の池だ。現地住民の間では、この池でワニにお供え物をした者には幸運が約束され、どのような願い事もかなうと信じられている。そのため、参拝者の多くがワニに与える鶏やヤギを持参しては、それらを池に投げ入れていたのだという。お供え物があると合図のドラが鳴り、ワニが姿を現して食事をはじめるシステムだったようだ。

 この幸運のワニ、もともと4匹が飼育されていたが、そのうち3匹が数年前に死亡。結果、残った1匹がすべてのお供え物を口にすることとなり、肥満傾向に拍車がかかってしまったようだ。またモスクの聖職者によると、ここ数カ月は参拝者が急増し、ワニは激太りの状態にあったという。ある朝、飼育員のモハメド・サルワー(40)さんがプカプカと仰向けに浮かぶ姿を発見した時、すでにワニは息絶えていたのだった。

obese.jpg
画像は「YouTube」より

「肥満には気づいていました。でもどうしたらいいか分からなかったのです」
「普通、お供え物は鶏です。ところが最近、参拝者の皆さまは次第にヤギなどいろいろなものを捧げるようになりました。大きなお供え物をするほど、願いもかないやすくなると思われたのでしょうか」(サルワーさん)

 さて、ワニ(クロコダイル)の寿命は人間と同じく70~100年と長く、ロシアの動物園には115歳まで生きた記録もあるという。長きにわたり人々から崇められたワニが、お供え物の食べ過ぎが原因で死んでしまうとは、何とも皮肉な出来事としか言いようがない。
(編集部)


参考:「The Daily Mail」、「MTERO」、ほか

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。