>  >  > アノ温厚な芸人が小木にブチ切れ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

TV Journal編集部

,

ブチ切れ

1001ogihiro_main.jpg
※イメージ画像:『はじめての本格眼鏡』/世界文化社 

 独特のセンスがあると評されるおぎやはぎの小木博明。

 実際に、『IPPON グランプリ』(フジテレビ)を初出場で制覇するなど、実力のあるお笑い芸人だが、その歯に衣を着せぬ発言から炎上することも多い。

 そんな小木が、とある温厚な芸人をプライベートでブチ切れさせたことがあることを『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)で明かした。

 それは、小木が仲良かった先輩芸人Hだ。

 小木は、芸人Hとしょっちゅうゴルフに行っていたのだが、その日は、Hだけでなく、東野幸治と出川哲郎の4人で回っていた。

 経験者ならわかると思うが、ゴルフコースを回っていると、林方向にボールが飛んでしまうことがある。そうなると、なかなかボールが見つからない。そのため、多くのゴルフプレイヤーは、基本的には全員で協力して探すのだ。

 しかし、東野がボールをロスした時、小木は…

「先輩がボールを林に入れた場合、探しに行くんだったら、みんなで行くんだけど、俺はカートの上で待ってたの」

 しかし、東野のボールを出川と芸人Hで探すも、見つからない。結局、別のボールを使って、林から打つことになった。

「(打つことが決まったが)クラブを東野さんが持ってなくて。カートのゴルフバッグの中に置いていたの。『●番アイアン●番アイアン、持ってきて』って言われて。それで、カートにいるの俺じゃない? ほかの人は、みんな(ボールを)探してるから」

 カートに小木しかいないのであれば、小木が東野の元までクラブを持って行くと思うのが普通だろう。しかし、小木は動かず。これに対し、クラブを取りに来た芸人Hが「お前がやれや!」とブチ切れたのだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。