• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ギャル

,

益若つばさ

0225masuwaka_main.jpg
※イメージ画像:『EAT ME!』宝島社

 カリスマモデルとして名を馳せた益若つばさが、「ヤングキング 2015年6号」(少年画報社)の表紙&巻頭グラビアを飾ったと自身のブログで報告した。同誌では、「JEWEL GIRL」と銘打たれたファッショングラビアとインタビューが8ページにわたって展開されている。

 益若はブログにて、「男性誌とか珍しいから、ありがたいなぁ」と感想を綴り、さらに「洋服着るオシャレfetishエロなら喜んで♪」と、今後も同路線の継続に含みを持たせるような発言をしている。

 初挑戦した男性誌の表紙に、ブログ上ではファンからは「カワイイね、艶っぽいね」「かわいい姿がいっぱい見れてhappy」など好意的なコメントが寄せられているが、ネット上の大型掲示板では、「誰が見たいんだろう」「(表紙の顔が)怖い」といった批判や、「女性受けが悪いから路線変更したいんだろうな」という声まで上がっていた。

 確かに以前は「芸人のツッコミは身体的接触」「某K-POPグループのメンバーから肩を抱かれたのがすごく嫌だった」など潔癖ぶりを見せつけていたが、最近ではテレビ番組にて「夜の営み」について、勉強中であることやSMに興味があることを話すなど、明らかに男性を意識した言動が目立ちつつある。

「益若は自身のブログで、ネットニュースでセクシーへと転向と書かれたことに対し、『憶測いつも笑っちゃいます』と暗にセクシー路線への転向を否定していました。彼女が今回男性誌の表紙に登場したのは、男性へのアピールではなく、“男性からも需要がある自分”を女性に伝えたかったためではないでしょうか。ギャル文化の頂点を極めた益若ですが、彼女は歌手でも女優でもなく、あくまで“読者モデルから成り上がった益若つばさ”という自身のイメージが最大の強みであり、そこにブランド価値がありました。ですがすでにアラサーであり、隆盛を誇ったギャル系のファッションも“痛い”と見られかねない年頃です。その負のイメージを払拭するためだったのでは」(芸能ライター)

 だが、今回の表紙に対しファン以外からは冷たい視線を浴びせられているところを鑑みれば、成功しているとはとても言いがたい。かつては経済効果500億円とまで評されたギャルのカリスマ・益若は、過去の栄光を取り戻すことができるのだろうか?
(文=本山文七)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。