>  > 「美人じゃねぇ」評論家がももクロをバッサリ分析!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

ももいろクローバーZ

momokuro.jpg
画像は「ももいろクローバーZ オフィシャルサイト」から

 25日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)にアイドルグループ・ももいろクローバーZが出演。番組レギュラー評論家陣がももクロの人気の秘密を独自分析した。

 この日の番組冒頭にはライブが行われ、ももクロが『Chai Maxx』と『行くぜっ! 怪盗少女』の2曲を披露した。ライブがスタートするやいなや、客席に集まったモノノフと呼ばれる熱狂的ファンたちはペンライトを振りながらヒートアップ。あまりの盛り上がりに、評論家たちは驚きの表情を浮かべた。

 しかし、スタジオトークが始まると一転、今度はファンが驚くような予想外な分析を評論家たちが発表した。まずは生物学・池田清彦氏が、ももクロの人気は「美人じゃねえから」といきなりの毒舌で解説。池田氏によると、ももクロは美人ではないため女性ファンは自分の代理として感情移入できる。男性ファンはどこにでもいるような子たちだから親近感がわく。そこが人気の秘訣だという。突如「美人じゃねえ」と断言され、ももクロメンバーたちも「ちょっとー!」とツッコミを入れるしかなかった。

 次いで、工学者・武田邦彦氏は、メンバーがイメージカラーに分かれた衣装を着ていることについて「カラーテレビができたおかげ」と解説。しかし日本でカラーテレビが普及したのは1970年代のことで、あまりにも昔の話題に司会の明石家さんまも「ちょっとおじいちゃん」と笑い崩れた。しかし武田氏はさんまの指摘は無視し「君たちの先輩の『秘密戦隊ゴレンジャー』っていうのがいるんだけど」と続ける。武田氏は、「先輩じゃないです!」というももクロの言葉もやはり無視し、「カラーテレビが普及して、色分けされたグループが人気になった。その中で最初に登場したのが『ゴレンジャー』なんだよ。だから君たちはカラーテレビの技術者に感謝しなきゃいけない」と熱弁をふるうと、なぜかももクロメンバーは、カラーテレビの技術者に「ありがとうございました…」と頭を下げる羽目になってしまったのだ……。

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年8月26日 01:13 | 返信

よく読むと記事は好意的でユーモアがある内容なのに、タイトルがひどい。
ネガティブなイメージへと誘導させる悪意ある見出しに疑問を感じる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。