>  > 謎の挑戦状「Cicada 3301」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

CIA

,

MI6

,

ミステリー

,

佐藤Kay

,

暗号

Cicada 3301」とは何か? 世界中のコードブレイカー、ハッカーたちを熱中させ、震撼させ、どん底に突き落とした超難問の暗号解読パズルのことだ。ある日突然ネットに出現し、また忽然と姿を消してしまった。いったい誰が、何のために考案したのか、今も多くの謎に包まれている。


■ネットに投稿された「Cicada 3301」の挑戦状

cicada33011.JPG
Oddity Central」の記事より

 今年2月23日付の「Oddity Central」には、ある暗号解読オタクの無念が報じられている。彼の名はジョエル・エリクソン。このパズルの解読にいち早く成功した数少ない一人だが、最終的に何もつかめないまま置き去りにされたということだ。

 順を追って話そう――。さかのぼること2012年1月、スウェーデン人コンピュータアナリストのエリクソン氏は、「4chan」(アメリカ版の2ちゃんねる)で奇妙な書き込みを見つけた。

「我々は極めて高い知能の持ち主を探している。この画像に我々にたどり着く手がかりが隠されているので見つけてほしい。すべての謎を解いた一握りの人々に会えるのを楽しみにしている」と、なにやら暗号解読ゲームの挑戦状らしく、cicada(セミ)の絵と共ともにハンドルネームの「3301」が記されていた。その絵から、この謎の出題者は「Cicada 3301」と呼ばれることになる。

 暗号解読ならお手のものとエリクソン氏は、さっそく解読をスタート。すると「マヤ文明」で使われていた古代数字が解読の鍵であることを理解する。

「この段階までは楽勝だったんですよ。問題は……」

 この後、エリクソン氏は抜き差しならぬネットの深淵へと足を踏み入れてしまうのだった。それと同時に自分以外にもこの謎を追う人間が全世界にいることも知った。この時点で、エリクソン氏は昼間の仕事を休んでも、パズルにはまり込んでいたと激白している。

関連キーワード

CIA
MI6

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。