>  >  > 暴走電気ドリルで頭蓋骨むき出しに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

佐藤Kay

,

手術

,

皮膚

,

移植

,

頭皮

※2頁目に、刺激の強い画像が掲載されています。閲覧にはご注意ください

 電気ドリルは超アブナイ! 一瞬にして、頭の皮を根こそぎ剥いでしまう惨劇すら起こりうるのだ――。


■ドリルが髪に絡まり頭皮がズル剥けに!

scalpedmother1.JPG
順調に回復しているペトラ・ノボトナさん 画像は「YouTube」より

 以前、トカナで事故で全頭皮を剥ぎ取られた中国人女性の記事を掲載したが、今回はチェコからショッキングなニュースが飛び込んできた。英紙「Daily Mail」電子版によると、チェコ共和国のトゥレモスナ村に住むペトラ・ノボトナさん(27歳) は、電気ドリルを使い作業をしていたところ突然、ドリルがポニーテールに絡まってしまい暴走、そのまま一気に耳から目、鼻を駆け抜けて顔の周りをぐるり一周し、頭部の皮膚を引き剥がしてしまったというのだ!

 無残にも切れ切れになってしまったペトラさんの長い髪、頭皮、眉そして瞼。

「ホントに一瞬でした。何が起きたか全て覚えています。自分の頭を触ったら……無いんです! 見たら、自分の頭の皮が自分の横に落ちてたんです」(ペトラ・ノボトナさん)

 普通なら、そこで卒倒してしまうところだろうが、ボランティア消防士であり、4人の子供のママでもあるペトラさんは、このまま死ぬわけにはいかないとばかりに、血まみれのまま近くの病院へ飛び込んだ。彼女のただならぬ叫び声と形相で、院内は緊迫。すぐさまプラハにあるヴィノラディ大学病院の整形外科医へと担ぎ込まれた。

 手術にあたったアンドレイ・スコップ医師は、ペトラさんの頭蓋骨は約半分が露出しており、切り刻まれた頭皮はすでに使いものにならないと判断。一刻一秒を争う事態の中、スコップ医師は大胆な皮膚移植を決定した。

「8~10センチの血管移植片を患者の腕や脚から採取し、顔に貼りつけたのです」(アンドレイ・スコップ医師)


■練達の医師の“神の手”により9時間の手術が成功!

scalpedmother3.JPG
アンドレイ・スコップ医師 画像は「YouTube」より

 手術は9時間にも及んだ。

 幸いにも、スコップ医師は「神の手」の持ち主らしく手術は無事に成功。ペトラさんの頭は皮膚で覆われ顔と繋がった。後遺症も心配したほど深刻なものでなく、手術の数週間後には、ペトラさんにも笑顔が増え、早く自宅に帰りたいと話せるまでになった。

 また、スコップ医師も非常に難しい大手術だったが、結果に満足していると語っている。「この手術の成功により、すでに他の病院からいくつか問い合わせがきています。我々が具体的にどのような方法で手術を行ったかについて詳しく知りたいそうです」。

 奇跡の生還を果たしたペトラさんが、その胸に我が子を抱きしめる日もそう遠くはないはずだ。

 私事になるが、かく言う筆者も過去に同様の事故に巻き込まれかけたことがある。イギリスにいた頃、友人の誕生日に手作りアクセサリをプレゼントしようと「彫金教室」へ通っていたときのことだ。カッティングやらハンダ付けやら結構楽しく、最後は鏡面仕上げだった。緊張しながら研磨機を廻し始めた、すると――。

“Watch Out!”

 いきなり、講師にロングヘアを引っつかまれ、間一髪で惨事を逃れた。あのとき、もし、たとえ数本でも髪の毛が捲き込まれていたら、恐らく顔の半分は大破していたはずだ。今でも想像するだけで冷や汗が出る。
(文=佐藤Kay)

参考:「dailymail」、「Mirror」ほか

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?