>  >  > ウクライナ21 ― “スナッフフィルム”の歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

■はじめから殺人現場を撮影することを目的に作られた映像…それがスナッフフィルム!

スナッフフィルム(Snuff film)」というのモノをご存知だろうか? 簡単にいうと殺人シーンを撮影した動画のことだ。ビデオ全盛の現代よりずっと以前、8mmフィルムでホームムービーが撮られていた頃から、まことしやかに囁かれてきたモノだ。

 スナッフフィルムは、撮影者がはじめからイリーガルな殺人シーンを映像に残すことを目的に製作されたモノである。したがって偶然人が死ぬシーンが撮れてしまったとか、死刑執行シーンなどを撮影したモノは、スナッフフィルムとは呼ばない。

 つまりスナッフフィルムの製作者は、それだけで犯罪となってしまうので、スナッフフィルムなどというモノは存在しないとされている。しかしその一方で、アングラの世界では密かにスナッフフィルムが製作されており、一部マニアの間で流通しているという都市伝説が囁かれているのだ。


■1分でわかるスナッフフィルムの語源と歴史

Charles-Manson.jpg
画像は「Mirror」より

“スナッフ(Snuff)”というのは、英語圏でロウソクの火を吹き消すときの擬音であり、転じて人を殺すことのスラングとして使われるようになった。そして人を殺すつもりで撮影したモノをスナッフフィルムと最初に呼んだのは、エド・サンダーソン(Ed Sanderson)という人物だとされている。

 エドは凶悪殺人犯として有名なチャールズ・マンソン(Charles Manson)率いる「マンソンファミリー」を扱った書籍の中で、マンソンファミリーのメンバーにインタビューを行っている。

 そして、

「殺人の様子を撮影したビデオが実在する」

 という事実を確かめた。実際にエドがインタビューを試みたマンソンファミリーのメンバーは、問題のビデオを見ていないらしかったが、この本の中で殺人シーンを撮影した映像を、スナッフフィルム(またはスナッフムービー)と呼ぶようになった。

コメント

2:匿名2015年3月12日 00:07 | 返信

この記事は不快だ。本物の殺人行為をグロ画像で片ずけるな。

「探せば割合簡単に見る事ができるw」

記事を書いたやつには数あるグロ画像の一つに過ぎないだろうが、被害者、その家族にとってどれだけ悲しい物なのか、ちっちゃい脳みそで考えた方が良い。

1:匿名2015年3月10日 01:43 | 返信

ウクライナ21結構前に見ました。
まるで友達と普通に遊んでるみたいな笑顔で老人?を嬲り殺していた。ある程度グロいものには耐性があったつもりだったが目を覆いたくなる映像だった。映像がグロいとか単純な事だけではなく当たり前だが色々と不快な気持ちになった。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?