>  >  > 握手のあと、人は無意識に手のニオイを嗅ぐ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
handshake.jpg

 犬や猫は、互いのニオイを嗅ぎ合うことで相手を知る。一説によると、彼らは肛門腺の分泌液から、相手の性別・強さ・性格・現在の気分さえも知ることができるようだ。しかし私たち人間も、握手のあとに手のニオイを嗅ぐことで、それと同様の行為を無意識のうちに試みているという、驚くべき研究結果が発表された。詳細についてお伝えしよう。


■握手の後は、必ずクンクン

 今回の研究に取り組んだのは、イスラエルの「ワイツマン科学研究所」に所属するノーム・ソベル博士のグループだ。話題の論文は、今月3日にオンライン学術誌『eLIFE』上で発表された。それによると、人間は握手のあとで、必ずといってよいほど無意識のうちに手のニオイを嗅ぐ傾向にあることが明らかになったという。にわかには信じがたい話であるが、研究グループは153人の被験者から得られたデータによってこれを立証した。

動画は「YouTube」より

 実験室で、1人座って待つように指示された被験者。そこへ研究者が入って来て、一部の被験者とは握手を交わしてから立ち去る――。その間、個々の被験者たちが見せる一挙一動は、すべてカメラに撮影されている。

 そして得られた映像を分析した結果、研究者と握手を交わした被験者は、握手しなかった被験者と比べて、その後、無意識のうちに鼻の近くに手を据えてニオイを嗅ぐ回数が明らかに高まったのだ。手を鼻の近くに持っていく頻度と、ニオイを嗅いでいる時間は、平均して通常時の2倍近くにもなったという。

 ちなみにこの実験では、鼻を掻いているのか、それともニオイを嗅いでいるのか明確に区別するため、被験者の鼻孔を通る気流が常に計測された。さらに、普段の被験者たちが無意識のうちに鼻のそばに手を据える頻度や、ニオイを嗅いでいる時間についても、あらかじめ計測されている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。