>  >  > 冥王星とケレス、惑星へ“格上げ”なるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

Maria Rosa.S

,

NASA

,

ケレス

,

冥王星

,

惑星

,

探査

 あまり身近ではないかもしれないが実は今年、2015年は人類的いや宇宙的に(!?)注視される大きなイベントが続けざまにある。

 NASAが打ち上げた探査機「ドーン」がつい先日の3月6日に準惑星ケレスに到達したばかりだが、この7月には探査機「ニューホライズン」が冥王星の周回軌道に到達し、史上初の接近観測を今年は2カ所で開始するのだ。いずれも準惑星がどのような天体なのかを解明しようというもの。そして今回の探査の結果如何で、準惑星とされていたケレスと冥王星が「太陽系の惑星に格上げ」されるかもしれないと注目を集めている。


■冥王星の探査を行なう「ニューホライズン」

 現在、惑星の定義は「太陽の周囲を公転し、その重力によって球形が維持出来るほど大きく、その軌道から他の天体を一掃していること」とされている。つまり、水星・ 金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星の8つを指しているのだが……。

 冥王星は1930年の発見以来、長い間太陽系の9番目の惑星であるとされてきた。だが、外部太陽系で似たような大きさの天体が相次いで発見され、地球の衛星である月より小さく、また質量も地球の約500分の1しかないことから、2006年の国際天文学連合(IAU)の決定により冥王星とケレスは共に“準惑星”に分類され「降格」することになったのである。

Pluto1.jpg
左下が冥王星。左上が月。右が地球 画像は「Wikipedia」より


 しかし冥王星の惑星としての位置づけ(格付け)については当時大きな議論を呼び、現在でも意見が分かれているのが現状である。現行の準惑星のイメージをざっくりと直径のサイズでいうと、

惑星(最小4,800km)>月(3,400km)>準惑星(例:冥王星2,306km)≧ ケレス(950km)>小惑星 

 といったところであろうか。

Pluto2.jpg
探査機「ニューホライズン」 画像は「Wikimedia Commons」より

 もし今回の探査機の調査で、冥王星の正確な直径が判明して月を超える大きさであれば、惑星への「格上げ」を検討する議論が再発すると予想されている。また、未だに曖昧な準惑星の定義が、今後の議論で見直される可能性も出てくるのである。

 今回の探査ミッションでニューホライズンは、冥王星の地形と、最大の衛星カロンに関するデータを収集する予定で、成功すれば、地球からの観測が難しい不鮮明な冥王星の表面の様子を詳細に観測できるという。

 加えてニューホライズンは、今年7月から約6ヵ月に及ぶ冥王星探査を終了した後、海王星の軌道の外側にあるカイパーベルトに位置する別の天体の通過観測も行う計画だ。カイパーベルトは46億年前の太陽系誕生時の残骸で形成された広大なリング状の領域で、冥王星から約15億キロの距離にある3つの天体が観測候補に上がっている。


■ケレスの軌道上に到着した「ドーン」

Pluto3.jpg
探査機「ドーン」 画像は「Wikimedia Commons」より

 一方の、火星と木星の間にあるケレス――。その発見は早く、なんと1801年にイタリアの天文学者ジュゼッペ・ピアッツイーによって確認され、小惑星として初めて発見された天体である。表面にはごくわずかな大気と霜が存在し、内部には氷のマントルが広がっているととも推測されている。

 発見当時は新しい「惑星」とみなされていたが、その後やはり近くの軌道に同じような天体が次々に見つかったこと(小惑星帯の発見)や惑星にしては小さすぎる(水星の約5分の1)ことなどから、やがて「小惑星」として区別されるようになった。それでも小惑星の中では際立って大きかったことから、1世紀以上に渡り「太陽系最大の小惑星」として称えられていたのである。

 そして冥王星と同じくケレスも2006年に採択された太陽系の天体の定義により、「準惑星」として扱われることになった。

 探査機ドーンは、先月よりNASAに画像を送りはじめており、ケレスが自転していること、表面に濃淡があり、またクレーターの影らしきものや、さらには謎の光の点が見えることを伝えている。そして現在、ついに周回軌道に突入して最接近し、仔細な探査を開始している。

 NASAによれば「ケレスはまだ成長中の星であり、表面の様子や構造を詳しく観測すれば、太陽系が誕生した頃の状態を知ることができる」 と期待を寄せている。

 ニューホライズンとドーンが地球を出発したのはそれぞれ2006年、2007年と今年到達するまでになんと8~9年がかりと、なんとも壮大な探査計画である。太陽系の歴史を知る上で大きな一歩となると期待されている今回のこれらの探査。人類は謎の解明に近づくことができるであろうか?
(文=Maria Rosa.S)

参考:「Popular Science」、「NY Times」ほか

関連キーワード

NASA

コメント

1:匿名2015年3月15日 09:44 | 返信

ニューホライズンではなく
ニューホライズン"ズ"では?

周回軌道に到達(=導入し周回)せずに通過するフライバイでなかったっけ?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。