>  >  > 残虐殺人、16歳少年が影響されたもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

バラバラ殺人

,

少年犯罪

,

残虐

,

殺人

  川崎中1殺害事件、佐世保高1女子殺害事件など相次ぐ残虐な少年事件が注目を集めている日本だが、昨年、イギリスでは、少年が犯したある残虐事件が大きく報じられた。少年を犯行に駆り立てたものとは、一体何だったのか――? 


■16歳少年が17歳少女をバラバラ殺人

ed-311_2thumb.jpg
殺害された恋人、エリザベス「DailyMail」より

 2014年1月24日、イギリスのサリー州東部の静かな町オクステッドで16歳の少年が17歳のガールフレンドを殺害する事件が発生した。

 2人は同じオクステッド校に通っており、少年は放課後、自分の部屋に交際していた少女を招き入れ、キッチンナイフで頭と首、背中を滅多刺しにして殺害。その後、樹木医として働く父親ののこぎりなどの工具を使い少女の身体をバラバラに切断した。

 切断した手足はサランラップに包んでゴミ袋の中に入れ、きつく縛ってベッドの下に隠し、胴体に緑色の園芸用ビニールシートでかぶせたところで、姉の1人が大学から帰宅。少年は落ち着いた様子で、「エド(別の人格)が僕にとても悪いことをさせた」と告白。姉を残虐殺人現場となった部屋へと連れて行き、驚愕した姉は警察に通報した。

 検死の結果、少女の死因は複数刺されたことによる失血死と判明。手首や指にも切られた傷があり、「殺されたくない!」と激しく抵抗したことを物語っていた。

関連キーワード

コメント

2:匿名2015年3月17日 01:51 | 返信

 持って産まれた物でドラマなんてキッカケでしかない。恐い

1:匿名2015年3月17日 01:47 | 返信

 持って産まれた物でと、ドラマなんてキッカケでしかない

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?