• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
suto.jpg
画像は「CAPCOM オフィシャルサイト」より

 先月20日に放送されたバラエティ番組、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で行われた“ストリートファイターⅡ芸人”。格闘ゲームの「ストリートファイターⅡ」(以下、ストⅡ)をテーマに、よゐこ・有野晋哉や麒麟・川島明、モデルの佐藤かよらが出演し、魅力や思い出を語った。

 同番組の企画テーマにもなったストⅡ。このゲームは、1991年に発売され、国民的ブームを巻き起こしたと言ってもいいほどの人気を博し、格闘ゲームというジャンルを築いた往年の名作である。当事を思い出すような昔懐かしさある内容から、番組は好評を博した。

 しかし、昨今の格闘ゲーム界は、ストⅡが登場した時ほどの熱がないという。なぜ、ストⅡをはじめ、格闘ゲームは人気がなくなってしまったのか…。元ゲームセンターの店員で、かつては格闘ゲーマーとして地方の大会に出るほどの腕前を誇ったH氏に、その理由を聞いた。

■理由1 家庭用ゲーム機の性能向上

「まず、家庭用ゲーム機の性能の向上によって、わざわざゲームセンターに出向いてまでゲームをやりたいという人が減ってしまったんです。この理由からゲームセンターにやって来る客が減少してしまい、その影響でゲームセンターの不況が深刻化してしまいました」

■理由2 初心者狩りによるゲームの複雑化

「格闘ゲームに限らず、対戦型のゲームにあることなんですが、“初心者狩り”がはやった、ということです。これは、間違いなく勝てる初心者を対戦でボコボコにしてしまう行為のことで、新しくゲームを始めようとする人が激減。さらにメーカーはゲーム界に残ったコアなユーザーを意識してゲームを作ることとなり、結果的に格闘ゲームの敷居が上がって、より初心者が始めにくい状況になりました」

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。