• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

TV Journal編集部

,

安達祐実

91XLlyuFbbL._SL1500_.jpg
イメージ画像は、花宵道中 特別限定版/TOEI COMPANY

 天才子役として一世を風靡した安達祐実

 主役として出演したドラマ『家なき子』(日本テレビ)は、驚異の視聴率37.2%を記録し、「同情するなら金をくれ」という台詞は流行語大賞にもなった。
そんな当時について、安達が『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日)について語った。

 安達曰く、『家なき子』時は12歳だったこともあり、“泣きの演技”がまったくできなかったという。それでも、主役に抜擢される。安達は、「裏の力が働いたんでしょうね」と笑って振り返るが、安達が泣く演技ができないため、現場は大変だったようだ。

「監督とかプロデューサーとかが『お前は本当にダメだな』って」となり、目薬を使って泣く演技をこなしていたという。さらに、犬のリュウを自らになつかせ、近づかせるために、魚の干物を身にまとって演技していたという。印象的ながま口や、オーバーオールの衣装には、干物が入っており、共演者には「祐実ちゃんは体臭がきつい」と思われていたのではと回想する。

 そのような日々を過ごしていため、普通の中高生が過ごす青春はない。たとえば、普通に恋愛をすることは許されない。だが、安達は、現場で恋をしていたのだ。

 相手は、レギュラー番組のAD。片思いではあったが、バレンタインデーに、母親である安達有里にお願いし、そのADにチョコレートを渡したという。母親は、そのADのことをまったく知らず、この時、娘の初恋の相手を知ったらしい。

 しかし、安達の恋が実ることはなかった。なぜならば、このAD、母親である有里と結婚し、安達の父親になってしまったのだ。娘の好きだった相手と結婚するという神経はなかなかのものに思えるが、有里ならば考えられなくもない。子供たちの「周囲になんて言われるか」という不安をよそに、写真集を出し、「いじめられたら、海外に留学させればいいかな」と楽観的に考えていた母親である。

 セクシービデオにも出演するなど、かなり強烈なキャラクターの有里だが、天才子役に強烈な母親がいるという構図は業界では有名でもある。そういえば、井戸田潤も離婚理由を「セックスレスでもなく、理由がわからない。むこうの家族に浴びせ倒された」(「ナカイの窓」/日本テレビ・4日放送)と暴露していた。安達が、数多の子役とは違い、今も芸能界で輝いていられるのは、強烈な個性を持った母親がいたからかもしれない。
(TV Journal編集部)

関連キーワード

コメント

1:匿名2015年3月13日 14:21 | 返信

なんか、面白い記事ないんすかねー

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。