>  >  > 報じられなかったUFO事件の真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

UFO

,

コンタクティー

,

ナチス

,

宇宙人

,

羽仁礼

“元祖”コンタクティーとして知られるジョージ・アダムスキー(前回の記事を参照)が、1952年に刊行したデズモンド・レスリーとの共著『空飛ぶ円盤は着陸した』で、金星人「オーソン」とのコンタクトを公表して以来、アメリカを中心に多くの自称コンタクティーが現れた。

 こうした自称コンタクティーとして日本でもその名が知られているのが、ダニエル・フライやオーフィオ・アンジェルッツィ、ハワード・メンジャー、ジョージ・ヴァン・タッセルらであるが、1950年代には、他にも数多くのコンタクティーが名乗りを上げている。かつて存在した日本のUFO研究団体「宇宙友好協会(略称:CBA)」は、その機関紙『空飛ぶ円盤ニュース』の中で、こうした人物の手記を丹念に紹介している。今回は、その中から「ナチスがUFOを開発していた」という風説と関連して稀に名前の上がる、ラインホルト・シュミットの体験について紹介しよう。

ReinholdSchmidt_2.jpg


■主張と報道の乖離

 1957年11月5日、カリフォルニアの穀物仲買人をしていたシュミットは、ネブラスカ州で巨大な飛行物体が地面に着陸しているのを目撃、この物体の内部に招かれて男4人、女2人の乗員を見たと主張している。日本でいち早くナチスとUFOとの関連を指摘した落合信彦は、著書『20世紀最後の真実』(集英社)の中で、「シュミットが遭遇したUFO搭乗員は全員ドイツ語を話し、ドイツ兵のような規律正しさで振る舞った」と記している。

 この事件は日本でも断片的に報道されたが、その多くが懐疑的なもので、「そもそもシュミットは架空の投資話を広めた詐欺師だ」とするものまであった。ところが事件の翌年11月、シュミット自身が発表した手記には、報道とはかなり異なる内容が詳細にわたって述べられている。今や真偽のほどを確かめることは難しいが、彼自身の主張は次のようなものだ。


■シュミットが語った、事件の真実

 事件の起きた日、シュミットはネブラスカ州カーネイで、自分の畑や購入予定の畑を視察するために車を走らせていた。途中、明るい閃光のようなものを見つけ、その方向に車を走らせていると、突然エンジンが動かなくなってしまう。直後、大きな気球のようなものが目に飛び込んできたため、徒歩で向かってみることにした。

 10mくらいまで近づくと、その気球のような物体は当初の予想に反し、銀色をした、金属製の巨大な機体であることが分かった。すると突然、機体から鉛筆ほどの太さの光線がシュミットに向け放射され、直撃を受けた彼は歩くことも腕を動かすこともできなくなってしまう。そこで機体の中から現れたのが、2人の男たちだった。

20世紀最後の真実

20世紀最後の真実

ナチスとUFOの関係について

関連キーワード

UFO

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。