>  >  超ビンボーだった芸能人3名の壮絶エピソード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:アンミカ, 広瀬すず, 田村裕, 風間トオル
広瀬すずだけじゃない! 超ビンボーな家庭で育った芸能人3名の壮絶エピソード

 3日に発売された「週刊女性」(主婦と生活社)で女優・広瀬すず(16)の意外な一面が伝えられている。広瀬の実家は静岡県で看板屋を経営していたが、12歳の時、父親が脳卒中で倒れ工場が閉鎖。借金をして生活するほどの経済的困窮に陥り、一家は祖父から引き継いだ家や土地も手放したという。  こうした、苦境の中、広瀬は14歳でティーン誌「セブンティーン」(集英社)のモデルとしてデビューする。14年にはゼ...

人気連載

“せむし男表現”をめぐる日本と欧米の温度差 ― 絶滅した「せむし男映画」の世界【後編】

※イメージ画像:『ヘルショック 戦慄の蘇生実験 デジタル・リ...

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...