>  >  > ヒロミの需要は一体ドコにあった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ヒロミ

,

吉沢ひかる

re-hiromi220.jpg
画像は、ヒロミ公式HPより

 十数年の沈黙を破って、再びテレビの世界に戻ってきたタレントのヒロミ。今や数多くの番組に出演しており、その姿を見ない日はないほどの状況にまでなっている。しかし、ヒロミのどんな部分に需要があるのか、実は微妙にわからない。そこで今回はヒロミの需要について、業界人から正直な意見を集めてきた。

 まずはキャスティングにも大きな影響を持つバラエティ番組のプロデューサーが語ってくれた。

「ヒロミさんは需要があるかどうかよりも、そもそもはキワモノとしてブッキングされたんです」

 キワモノとは驚くべき表現だが、それはヒロミの再ブレイクに事情があるという。

「芸能人には色々な形があって、たとえば大ブレイクした後に全国ネットからは消えてしまうものの、地方局のみで活躍して食べている人もいます。そのような人が再びブレイクして全国ネットに返り咲くケースはこれまでもありました。しかし、完全に消えてしまって、しかもその期間が10年以上というケースは聞いたことがありませんからキワモノなんです。そんな前例のないパターンに、お試しで使ってみようと考えたスタッフがたくさんいたわけです」(同・バラエティ番組プロデューサー)

 こうして、お試しでのキャスティングから始まったらしいが、その後の大躍進はやはり需要があったからなのか。

「確実な需要が見えていたかといえば微妙ですが、各番組を見ていてヒロミさんがまったくサビていないことを実感したテレビマンは自分も含めて多かったはずです。相変わらずの物怖じしない態度で誰にでも突っ込んでいく姿勢でしたから、番組をうまいことかき回してもらう立ち位置として使えると判断したんです。そのため、最初はお試しでしたが、その後は正式な起用が増えていったんです」(同・バラエティ番組プロデューサー)

 次々に起用されていった流れは理解できたが、この“引っ掻き回す役”とは一体何なのか。

「要はメインを食わないまでも、番組内でかなりのトークができて番組を盛り上げる役割ですね。いわゆるガヤ芸人やアイドルとは違って、的確にボールを受けたり投げたりできる才能のある立場です。このポジションはなかなかいないので、ヒロミさんがハマったということでしょう。そういう意味ではこの立場において需要があったんだと思います」(同・バラエティ番組プロデューサー)

 たしかにヒロミは、それぞれの番組でしっかりと存在感を示している。このような需要があって、今の状態があるのかもしれない。

 しかし、こうした意見がある一方で、坂上忍のブレイクの恩恵を受けたという意見もある。

「ヒロミは昔から毒舌キャラですが、ヒロミがいない時代にこの枠でブレイクしたのが有吉弘行であり、ここ最近は坂上忍です。特に坂上忍は年齢的にもヒロミと近いですし、坂上忍のブレイクによってヒロミにも可能性があると踏んだ業界人が殺到したイメージがありますね」(テレビ番組ディレクター)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。