>  > 世界の恐すぎる医療ミス5選!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

医療

,

有吉杏子

,

治療

,

腫瘍

,

臓器

0318iryoumisu_top.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 連日、群馬大学病院で起きた医療ミスの報道が世間を騒がせている。高度医療を提供できるはずの特定機能病院で発生した事件だけに、その衝撃も大きい。治療目的で訪れた病院での医療ミスによって命を落とす、健康を害される、というのはただでさえ負担の多い病気の状態において、悪としかいえないだろう。

 だが、広く目を向ければ、日本だけでなく海外でも医療ミスは起きている。今までにどの様な事例があるのか、今回は5つ取り上げて紹介したい。


【1】適合するはずがない臓器の移植

0318iryoumisu_01.jpg
※画像:「http://listverse.com」より

 なんらかの事情で臓器に異常はあれども、その臓器自体を他人から移植すれば回復が見込めるという人は、アメリカだけでも12万人以上いるといわれている。
 
 17歳のジェシカ・サンティヤンもそのひとりで、彼女は心臓と両方の肺の移植を希望していた。移植手術では、適合する臓器を提供されずに亡くなる人も多いが、彼女は運よく手術を受けられることとなった。

 念願の手術は、名門デューク大学病院で行われ、手術自体は成功した。だが、ジェシカの体は移植された新しい臓器を拒絶してしまう。他人の臓器を移植した体が受け入れないということはまれに発生する。しかし、彼の場合は、病院側の単純な確認ミスによって起きてしまった。なんと、ジェシカの血液型はOだったにもかかわらず、臓器ドナーの血液型はAだったのである。本来であれば10人以上の関係者が確認をするはずだが、関係者がその確認作業を怠ったため、このような人為的なミスが起きてしまった。
 
 病院はこのミスを11日間も隠し続けたが、その後新しいドナーを探すためにやっと事実を世間に公表。ジェシカはすぐさま新たな移植手術を受けたが、残念なことに脳死状態となり、最初の手術から15日後に生命維持装置を外されてしまった。その後、ジェシカの母親は病院側が治療を放棄し、自然死に見せかけようとしたのではないかという疑念を持っていると語った。


【2】データの取り違えが招いたミス

0318iryoumisu_02.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 口に違和感があるから歯医者でちょっと見てもらおう、単純にそう思って受けたレントゲン検査で余命宣告を受けることになってしまった。
 
 この不運な女性はキム・タット、34歳。医師は彼女の顎に癌腫瘍が育ちつつあり、余命3~6カ月であること、そして手術によってそれを切除しても余命は数カ月伸びるだけだろうと告げた。また、この手術を受ければ彼女の左側の頬周辺を無くなってしまうという。だが、まだ10歳と12歳の息子を抱えていた彼女は少しでも余命を伸ばすためならば、と合計5回もの手術を乗り越えた。

 歯の治療から余命宣告、そして突如5回の手術が行われ、顔まで変形してしまう。彼女の心的、肉体的負担は想像にかたくない。だが、彼女は勇敢にも病気に向き合い、治療を続けた。
 
 そして、診断を受けてから3カ月が過ぎたある日、重い足を引きずりながらも彼女は医者の元へ、現在の自身状態を聞きに行った。
 
 だがそこで聞かされたのは、なんと“始めから癌はない”、という衝撃的な事実だった。彼女に宣告をした医師が見ていたのは、他人のデータであったことが、全てが終わった後で発覚したのだ。彼女はなんの問題もなかったにも関わらず、あまりにも大きい負担を何カ月も強いられ、そしてこの先もずっと残る傷を負わされたのである。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。