• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

AKB48

,

TV Journal編集部

81epy8L5A1L._SL1500_.jpg
画像は、『野呂佳代/Sunngoku Dekai NO このお尻、見慣れたかしら? /DVD』(イーネット・フロンティア)

『銭の戦争』(フジテレビ系)でいっきに評価を上げた大島優子や、舞台での女優業が業界から評価を受けている秋元才加などと同期である野呂佳代。しかし、AKB48で同じステージにいた2人とは、まったく違うポジションにいる。

 野呂は、骨太な体格を活かし、ど真ん中のアイドルではなく、ぽっちゃりキャラに移行。さらに、イジられキャラでもあり、絶妙のタイミングでスベることができるなど、多才なバラエティ能力を発揮。『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)などで重宝されるようになる。

 だが現在、バラドルは激戦区。野呂も安泰ではない。

 それを物語るように、『ロンドンハーツ』が『今、女性タレントが大渋滞!! 緊急バラエティ実態調査SP』というタイトルでバラドルたちを集めたのだが、その中に野呂もキャスティングされていた。

 今回集められたのは、バラドル界で最もランクの低い“大人数のひな壇など”にキャスティングされるメンバーで、ここが大渋滞しているという。

“大人数のひな壇など”の上には、“紅一点のゲスト”→“番組レギュラー”→“MCの隣”という順番で、バラドルの格付けがされている。たとえば、“紅一点のゲスト”だと今なら平愛梨や佐野ひな子。“番組レギュラー”や“MCの隣”はシェリーやベッキーとなる。

 そこに食い込めない“大人数のひな壇など”は、仕事の“バラシ”、つまり出演予定だったテレビ番組の仮スケジュールがキャンセルになることも多い。その“バラシ”の時に、隠し撮りとはいえ、番組スタッフを批判してしまったのが、野呂だった。

 野呂はマネージャーからバラシになったことを聞かされ、自分の代わりにキャスティングされたタレントを聞くと、「手島(優)、谷澤(恵里香)、misono…センスねぇな~」とバッサリ。隠し撮りされていることを知っているマネージャーは、過激な発言を控えさせようと「ほかの企画はまだある」とフォローしたが、野呂は「こういっちゃ悪いけどセンスないわ」とブチ切れ。

 一部始終が放送された野呂は、手島、谷澤、misonoに「ホントすいません」と謝罪するが、時すでに遅し。この遺恨は、再び番組で勃発しそうだ。
(TV Journal編集部)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。