>  >  > 火星に地表に核爆弾のキノコ雲?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

キノコ雲

,

戦争

,

,

火星

,

遠野そら

 昨年、米国物理学協会で有名なプラズマ物理学者が「火星の古代文明は宇宙人からの核攻撃により滅亡した」という論文を発表し話題になった。以前、トカナでも「火星の文明は宇宙人の核攻撃で滅亡した、次のターゲットは地球」という記事を掲載したので覚えている方も多いだろう。今回はまさに“核爆発?”と思われるような「キノコ雲」が、火星表面から立ち上がる写真をインドの火星探査機が撮影し、世界中から注目を集めているというニュースについてお伝えする。

■核爆発か? 火星表面に立ち上る“キノコ雲”

 英「Daily Mail」紙によると、問題の画像は火星の赤道に沿って伸びる長さ4,000kmの巨大峡谷「マリネリス峡谷」付近で発見され、インドの火星探査機「マンガルヤーン」が撮影したものである。

marsconspiracy1.JPG
“キノコ雲”なのか… 画像は「YouTube」より

 フランスの「You Tube」チャンネル「UFOvni Disclosure」は番組の中で「この巨大なキノコ雲は風塵からなる非常に珍しい雲であり、これは核またはメタンガスの爆発によるものだと考えるべきである」と主張しているが、豪サザンクイーンズランド大学・科学研究センターの天文学者であるジョンティ・ホーナー博士は「“火星で核爆発が起こっている”なんて面白い考えだけど、これは残念ながらクレーターの溝が角度によってキノコ雲のように見えただけだよ」と真っ向から反論している。

 しかしながら、昨年の米国物理学会でプラズマ物理学者のジョン・ブランデンバーグ博士の「火星の古代文明は宇宙人からの核攻撃により滅亡した」という論文には火星で核爆発があったことを裏付ける数々の証拠が発表されており再び注目が集まっているのだ。

「Mushroom Cloud Imaged By India’s Mars Orbiter Confirms Huge Explosion On Mars」 動画は「YouTube」より

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。