>  > 本当に数字が取れる芸能人とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

テレビ

,

吉沢ひかる

,

芸能人

,

視聴率

0320terebiman_main.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 視聴率はテレビ番組の寿命を決める数字であり、テレビマンの運命が決められる数字でもある。毎朝、視聴率の調査会社から送られてくるデータに、業界人は戦々恐々としている。

 この視聴率を左右する要因は様々なものがあるが、主なものとしては『企画内容』と『出演者』が挙げられる。特に出演者は、その知名度を活かして新聞のラテ欄(ラジオテレビ欄)に名前が載り、多くの視聴者を獲得することもあるため、重要度は高い。特定の芸能人が出ることによって獲得できる視聴率のことを“潜在視聴率”と呼び、番組のキャスティングやCMの出演者を決める際に活用されているのだ。

 しかし、当然ながら視聴率が取れる芸能人もいれば、取れない芸能人もいる。そこで今回は潜在視聴率だけではなく、業界人の意見も聞きながら“本当に視聴率が取れる芸能人”を調査してきた。

 まず話を聞かせてくれたのは、とあるテレビ局の関係者だ。

「潜在視聴率が高いのは、芸人さんが圧倒的に多いですね。たとえば明石家さんまさんは、おおよそ15%の潜在視聴率があると言われています。しかし、本当の意味で数字を取れる芸能人となれば、今なら“くりぃむしちゅー”のふたりでしょうね」

 くりぃむしちゅーにはどの程度の潜在視聴率があるのだろう。

「くりぃむしちゅーさんの潜在視聴率はおおよそ14%と言われています。この数字だけを見ると、さんまさんが上なので潜在視聴率では負けています。しかし、さんまさんの番組は、あくまでもさんまさんのトークを見たいと考えた人がチャンネルを合わせるので、15%に対するプラスアルファが僅かなんです」(同・テレビ局関係者)

 潜在視聴率に対するプラスアルファとは一体?

「くりぃむしちゅーさんの場合には、くりぃむしちゅーさんを見たいと思ってチャンネルを合わせた人だけではなく、そこにプラスして企画内容でチャンネルを合わせる人がいます。そのため、18%や19%などの数字が出ることもあるんです」(同・テレビ局関係者)

 企画内容でプラスアルファの上積みが期待できるらしいが、これはなぜなのか。

「さんまさんの番組はトークメインの番組が多いです。しかし、くりぃむしちゅーさんの番組はロケバラエティなどもありますよね。くりぃむしちゅーさんはそのようなタイプの番組もやるので、潜在視聴率以上の数字を出しているんです。その結果、今最も数字が取れる芸能人と言われています。もちろん、さんまさんがロケバラエティなどにチャレンジしたら、さらに数字は取るんでしょうけど、今のところはくりぃむしちゅーの天下です」(同・テレビ局関係者)

 潜在視聴率だけではわからない、このようなカラクリがあるようだ。在京キー局で活躍する放送作家からは、くりぃむしちゅーの凄さを物語るデータも聞くことができた。

「芸人さんのギャラ金額で上位ベストテンには、明石家さんま、ビートたけし、タモリ、所ジョージ、志村けん、笑福亭鶴瓶、とんねるず、ウッチャンナンチャン、ダウンタウンの9組がいますが、実はその次点がくりぃむしちゅーでナインティナインやロンドンブーツなどよりも高額なんです。やはり視聴率が取れるからこそ、このギャラなんだと思いますよ」(放送作家)

 たしかにこのメンツの中に名を連ねているのは凄いことだ。視聴率が取れる芸能人の代表格であることは間違いないだろう。そして、もうひとり、視聴率の取れる芸能人がいるという。教えてくれたのは、先ほどとは異なるテレビ番組の放送作家だ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。