>  >  > 49人殺害「公園のマニアック」男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

park0325.jpg
ビツァ公園

 2005年10月15日の土曜日。ロシアのモスクワ南西部に位置する広大なビツァ公園を巡回していた警察官が中年男性の遺体を発見した。頭蓋骨はぐちゃぐちゃに潰され、周辺に脳みそが散乱しているというひどい状態で、頭の中にはヴォッカの瓶が突き刺さっていた。この公園は市民が散歩したり老人たちがチェスを楽しむ場所として有名で、警官たちは緑溢れるこの場所でこのような恐ろしい殺人が行われたのかと背筋が凍る思いをした。被害者は31歳のニコライ・ヴォロビエフだった。

 1カ月後、ビツァ公園でまた残虐遺体が発見された。被害者は63歳のニコライザ・パチェンコ。その2週間後にも、そしてその1週間後にも、公園内で次々と無残な死体が見つり、クリスマスまでに発見された残虐遺体の数は7体へと増えた。全て脳みそがぐじゃぐじゃになるまで殴打され、頭にヴォッカの瓶を突き刺されているという、むごたらしいものだった。被害者はみな家族とは疎遠で行方不明になっても探す人などいないような者ばかり。何も盗まれておらず性的暴行も受けていなかったことから、犯人の目的は人殺しであることは明らかで、警察は連続殺人鬼の仕業だとして捜査を進めた。

 捜査官は犯人の手がかりに繋がるものはないかと事件現場をくまなく調べた。しかし、指紋など犯人を特定するものは何ひとつ見つからず捜査はすぐさま暗礁に乗り上げた。40年のキャリアを持つベテラン科学捜査官は、凶器はハンマーだろうと特定したが、犯人像は一行に見えてこなかった――。


■難航する捜査

ThinkstockPhotos-BU010601.jpg

 憩いの場である公園での連続殺人事件を、マスコミは大々的に報じた。すると、モスクワ市民の間で、「犯人は精神病患者ではないか」という噂が流れた。公園の側には精神病棟があり軽度の患者は公園を散歩することが許可されていたからだ。警察は200人もの警察官を公園に送り込み不審者がいないかを調べさせた。女性のカツラをかぶり、ハンマーを入れたバッグを持っていた女装したトランスベスタイトを捕まえたとき、警察は「犯人だ!」と大喜びした。しかし、トランスベスタイトは「自衛のためにハンマーを持ち歩いている」と主張。しっかりとしたアリバイもあったため、すぐに釈放されたが、警察は彼をマークすることにした。しかし、それは無駄な行為だった。トランベスタイトが逮捕された尾行され始めてから1週間後、またしても残虐遺体が発見されたからだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?