>  >  > プーチン「暗殺説」が出なかった不思議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

プーチン

,

ロシア

,

聖橋乱丸

putin0323.jpg
※イメージ画像はThe Strongman: Vladimir Putin and the Struggle for Russia

 皆さんこんにちは、陰謀社会学者の聖橋乱丸である。

 3月5日から、ロシアのプーチン大統領が長く公式の場に姿を現さず、外交日程もすべてキャンセルする状況が続いた。ようやく、3月16日に公式の場に姿を現したが、しかしその前後の消息や公務の様子は聞こえてこない。ここで囁かれたのが、プーチン大統領の「重病説」だった。中には「愛人の出産に立ち会った」という説もあったが、その内容は百花繚乱である。

 しかし、あれだけクリミア半島問題で各国との関係を悪化させ、なおかつ、国内においては公営地下資源会社のガスプロムに多大な影響力を持ち、その強引な手法で二回目の大統領を行っているプーチン大統領において「暗殺説」だけは、まったく流れなかったのは不思議である。

 通常、大統領が姿を見せなかった場合「何らかの事件があった」と囁かれるのが普通ではないだろうか? 2012年夏に、習近平氏がしばらく公式の場に出なかったことがあった。この時はすぐに「暗殺説」が出た。後の公式発表では「プールで泳いでいた時の怪我」と暗殺未遂説は否定されたが、当時は習近平がポスト胡錦濤といわれていた時代で、そのポスト争いが最も激烈なときであったために、当然のように暗殺説が流れたのである。

 これに対して、なぜかプーチン大統領の今回の事に関しては、全く「暗殺説」が流れなかったのである。それは一体なぜだろうか?

 暗殺説が流れない理由として挙げられるのが、

1、プーチン大統領を恨んでいる人がいない
2、暗殺できないほどの厳重な警備がある
3、暗殺と言うだけで処罰されるほどの言論統制
4、暗殺未遂が実際にあったため、本当のことだから緘口令が敷かれている

関連キーワード

コメント

2:匿名2015年5月19日 14:56 | 返信

そいやプーチン太ったのかなんか顔つきが違う

1:匿名2015年3月26日 17:33 | 返信

あのくにはいろいろやってるけど、プーチンがにらみをきかせてるから東側諸国がおさえられてる部分もあるので必要かと
アメリカがオバマであのていたらくだし、ロシアにプーチン以上の大統領がすぐ出てくるとも思えないし
信用はできないけど話はできるし実行力もあるので、外交次第では西側にとってはプーチンは使えるしね

シュウキンペイは問題外、信用とかそういうレベルではない
中国とか韓国は約束守らないし金の事しか考えてないし、契約とか条約とか無視するし政治的に先進国ですらない
社会性が現代ではないというか、子供すぎるんでしょうね
プーチンは抑止力にもなるし

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。